afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

オレはオレ的にオレが好き。(何年かぶり3回目)

病的に自分が好きな人 (幻冬舎新書) 作者: 榎本博明 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/09/28 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (3件) を見る あんま面白くなかったよ。 古いからだろうね。 あと自分が明らかにこの本の想定…

内容がないよう。

他人のブログ読んでるとちょっと凹む。 皆いろいろ目的意識もってやってるんだよね。 互助会もどうかなって思ってたけど 「お金が欲しいです」 っていう自分に正直でその方向に頑張って努力してるのは間違いない。 吾のはそういうのじゃないからなあ。 徹頭…

積読の消化。

「積読」って「つんどく」で一発で変換できた。 ・・・余計なことばかり覚えるなこの機械。 ときどき賢さが憎たらしくなる。 猫に知られるなかれ 作者: 深町秋生 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2015/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

滑稽を通り越して烏骨鶏。

昔のことは想像以上に忘れている。 ホントに笑えるほどに。 中学生のころのことすら、ろくに思い出せないのだ。 漱石先生の手紙が教えてくれたこと (岩波ジュニア新書) 作者: 小山慶太 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/08/23 メディア: 新書 この商…

俺達は雰囲気で人生を生きている。

いやマジで。 24時間365日、自分に自己診断プログラムを走らせながら 「これから起こそうとしている行動は、自分のプロトコルに照らして good/bad feeling?」 ってきちんと判断してる人は・・・まあいない。 ずっと頑張ってると死ぬからね。ほどほどに…

独りじゃない。

青二才はどこにでもいる。 けどさぁ。 さすがに腐ってもマスメディアなところでやられるとキッツイモンがあるよね。 災害で駆けつけた自衛官が、毛布もなくザコ寝する画像…これでいいのか? | 日刊SPA! あー。この筆者「東日本大震災で自衛隊は救助できなか…

流されて。

なんだかんだ良く分からないうちに融和ムードいっぱいっすね。 南と北。 このまま戦争終わっちゃったらどうなるだろ、って以前読んだ本を思いだしてた。 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか 作者: 矢部宏治 出版社/メーカー: 集英社インターナショ…

補遺。

というほどでもないがIDコールされてたんで 日本の野党が弱い理由を考えてみた 単純に国の中央年齢がどうしようもなく中年化(そろそろ50歳)してるから、現状追認、安定志向に触れるベクトルが強いってのも大きそう。/変えるのにも体力要るし。/変えた結果…

いつもならたぶん、「騙されるのが悪い」って言う。

立ち回りの上手い、オレサマ。 賢い、オレサマ。 そんなセルフイメージで凝り固まっていたことが、吾にはあまりなかったと思います。 セクハラ疑惑:麻生財務相「はめられたとの意見ある」 - 毎日新聞 [セクハラ] [これはひどい] ヌルい記者クラブにいると、…

ちょっぴりなのか、いっぱいなのか。

とりあえず、何か嫉妬してる感じはある。 anond.hatelabo.jp 今日のこの統合失調症的文章にもブックマークしてくれると嬉しく思う。 内容はともかく、目論見どおりにブクマがいっぱいついたあたりが。 あんま気にしない方だと思っていたが、ここまで見事に入…

俺とお前と下克上。

同期のサクラとかバーデンバーデンみたいな。 「国民の敵」「気持ち悪いんだよ」と罵倒された小西議員が明かす、3等空佐の素顔 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 有権者層のネトウヨ浸透率の高さを見ても、そういう輩が紛れ込むのはもはや不可…

Achtung!

傾聴! って訳すのが一番好み。(ゲルマン的に正しいのかどうかは知らん セクハラと「男ばかりの職場」について - この夜が明けるまであと百万の祈り 今時そんな飲み会(笑)ってなるのも分からんでもないけど、そういうのを大っぴらに言ってしまうと青二才…

強い言葉を使うなよ。

5カ月ぶり二回目。 語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書) 作者: 石黒圭 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/05/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る ダラダラ読んでた。 テクニカルな点はこれからもちょこちょこ拾…

カットバンと絆創膏。

フェイスブックとケンブリッジ・孔リティカ。 ・・・アナリティカな。うまいこと誤変換しやがって。 どっかで読んだ記憶が引っかかってたので再読してみた。 一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで 作者: 呉座勇一 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 20…

耐えられない言葉の軽さ。

ってほどでもないけどね。 日本人なら知っておくべき特攻の真実~右でもなく、左でもなく…(神立 尚紀) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) ブクマで書こうと思ったけど。 ちょっと長くなりそうだからダラダラ書く。 結論から先に書くと、上の記事、「真実」で…

是非も善悪も正誤も措く。

それが吾のアウトプット。 windymelt.hatenablog.com この記事読んで書く理由をあらためて考えてみた。 テキスト撃ちのリハビリのはずだったのだが、読みやすさや正しさについての向上はほっぽりだしている。 自覚してるところではブコメやツイッターの過激…

私はね

多少のバカといったんだ ありゃ パーフェクトじゃないか 【嘘つき確定】安倍首相、わずか30秒の間に「私と加計理事長と下村大臣で3人で会食したことはあります」及び「ない」という真逆の答弁をしてしまう | BUZZAP!(バザップ!) とはいえ。 割と真面目に…

吾らは物語を愛しすぎてる。

ちょっと前の記事でブコメもらって気になってた。 afurikamaimai.hatenablog.com 「国家が死刑やるってどうなんだろうね」って話。 そいでもって途中まで読んでちょっと投げてた奴を読む。 道徳感情はなぜ人を誤らせるのか ~冤罪、虐殺、正しい心 作者: 管賀…

移行期的混乱。

続報キテた。 afurikamaimai.hatenablog.com 第2ラウンド、ファイッ!! www3.nhk.or.jp 赤字沿線住民を人質にとる戦術から変更して、相手の書類不備をつく作戦に出ました。 こっちのが効果的やろうね。 しかし停留所の設置許可を地権者からもらってない、…

最後はそこに行きつくか。

www3.nhk.or.jp サービスの規格の統一や、現金払いより有利になる税制面の優遇措置のほか、小さな商店でも利用できるように補助金なども検討すべきだとしています。 規格の統一 :俺らが元締め団体つくって天下りするよ。 税制面の優遇措置:許認可権の裁量…

よい夢。

たまにとても奇麗な夢を見る。 こういう夢の続きこそ見てみたいのだと思うけど、ままならない。 話の流れのようなものもあったが、これはたぶんどっかでみたSFとかそういう奴のパクリやな、割とどうでもいい。 書いて残してみたところで、夢の光景の再現率は…

見えなければ安心院。

この辺の印象はだいぶ偏ってると自覚してはいる。 何でもかんでも結びつけて考え過ぎだってね。 とはいえ、いまだに妄想は捨てられないのよな。 「もしも米軍なかりせば」ってね。 外国人特派員が森友「公文書改ざん」に見た日本の深刻な病──この国みんなが“…

変化はやすぎ。

あまり桜は好きではない。 どちらかというと嫌いかもしれない。 写真の桜は好きだけどね。 つい先日まで枝だけ(つぼみに目が行くほど視力はないし、そもそも注意力散漫である) 満開になる、即座に散る 葉桜 このサイクルがわずか一ヶ月程度で完了する。 つ…

振り向けば愛。

ファイナルジャッジメント。 hagex.hatenadiary.jp これ吾も見たけどホントショボかった。 なにがショボいって何もかも。 当時もメモってたんでそれを見ながら思い出しつつ書く。 1,脚本が酷い開始5分で展開が読める。こいつが死んでこいつが裏切る、という…

新年度の抱負

明日から本気出す。

俺はいいけどナンシーがなんて言うかな?

いっぱいバイアスを自覚したうえで。 ninicosachico.hatenablog.com テレビのマツコって月に一遍「マツコの知らない世界」で見るか見ないか。 なんでどれくらい酷いのかはっきり理解してない。 「北の桜森」の番宣で来てた大女優との絡みは割とうーんって感…

仏に逢うては仏を殺せ。

真面目な話は増田とはてブがやってるんで単なる感想。 anond.hatelabo.jp このての質問見るとほとんど反射的に通り魔たちの「誰でも良かった」を思い出す。 誰でも良かった割にはムキムキマッチョには向かわず確実にやれそうな奴ばっかりぶっ潰してるアレね。 …

ヨッテココニソノ殊勲ヲ認メ全軍ニ布告ス

後半ダラダラするけど割と実感に即してる。 戦艦大和講義: 私たちにとって太平洋戦争とは何か 作者: 一ノ瀬俊也 出版社/メーカー: 人文書院 発売日: 2015/04/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る あくまで吾の実感、に過ぎないけどね。「…

ゴールポストは自由自在。

「ミニマリスト」って言う響きはなんとなく胡散臭く感じてしまうお年頃。 anond.hatelabo.jp とはいえこのスペックの高/低ってどうやって決めんの? あ!書き忘れたけど、学生時代は当然のように毎日、クラスメイトと先生に虐められました^^いぇい☆ って…

こころとこゝろ。

校正のこころ 作者: 大西寿男 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2009/11/20 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 38回 この商品を含むブログ (13件) を見る 編集画面から直でサーセン。 校正って大事だぞっていう本。 そういう風に見るのか! って。 イメ…