afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

とりとめのない話

適当な気持ちで始めたブログだったのだが、続けるうちにちょっとハードルが上がってきた。

自分の中で勝手にハードルが出来上がってる状態。

別段たいしたことを書いているわけでもないのに

「これは書いても意味がないな」「内容がないようだ」

みたいな評論家脳がアタマの中でむくむく湧いてきて「やっぱやーめた」ってなる。

 

書いてるものも既に内容はないのだが、そこをすんなり開き直れず自分の中でハードルがあるのはホントにしんどい。

それで少しずつ書くのが億劫になってサボってしまったわけだが、そもそもこのブログ始めたきっかけを思い出してみる。

アタマん中で考えてることを文章にしてみると、思ったとおりの作文が出来ないのを何とかしようと思ってはじめたんではないのか?

じっさいブログを書きはじめても、どの日記も最初「こういうのを書こう」と思ってたネタとはかけ離れた文章が仕上がってる現状では内容どうこうの話ではないよなぁ、と。

そんな思ったとおりに書けない文章の中でも、稀に「これはけっこう良くできたな」って自己満足に至るのもある。

なら内容がないままガンガン書き続けて「下手な鉄砲数うちゃ当たる」じゃないけど

アタマの中の文章が上手いことちゃんとじっさいの文章になるように手癖をつけることを優先するほうがいいんじゃないのかな、と。

 

けっきょく文章も数をこなさないとどうにもならないと思うので

「今日は天気が良かった。嬉しかった」レベルの内容がないブログでも積み重ねて行けば何かいい具合に昇華できるんじゃないかと期待して再開したいと思う。

 

この日記もだいぶ最初アタマにあったのとはズレた文章になってしまったけど、いつかアタマの中の文章が、するするじっさいの文章として出力できる日が来ることを信じて。