afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

誰が見ても

読みやすいように揃えるってどうすればいいんでしょうか。

PC版ではなるべく文章のヘンテコなところで折り返すようなことのないように配慮しているつもりなのですが、時々失敗する。

で気付いたんだけど、編集モードって切り替えられるんですね。

プレビューで見たら前もって文章の端をそろえることが出来るんだけど、出来ればこの状態で編集したい・・・どうにかならないものか。

あと文章の編集とは関係ないですけど、スマホ版で閲覧すると冒頭に絶叫してる顔のネコのアイコンが出てきてしまうのか・・・

どこで拾ったのか忘れたけど非常に傑作なので設定してたんだけど、なかなかインパクトがすごいな。

あらためて許可とってもっとデカイ画像にしてみたいですね。

 

話を戻して。

文体の読みやすさも大事だと思うけども、個人的には一つの文が途中で切れるのが

とっても読みにくい、というか見難いという印象があります。

文章本でも「短い文章を心がけろ」というアドバイスもありましたし、一般的にも文が途中でちぎれるのは印象が悪いのでしょう。

 

文が短ければPC版でもスマホ版でも文末が変なところでちぎれる、というのはないから読む上ではストレス少なそうですしね。

 

しかし、「文を短く」といわれても。

短文で書くとそれはそれでつまらない文章になってしまいがち。

 

・1つの文は60字以内にまとめましょう。

・出だしの文は40字以内の短文にしましょう。

 

というのを心がけてはいるものの、そうするとなんだか文章に中身がないというか、単純な「すごかった」「びっくりした」「おもしろかった」といった感想の繰り返しみたいになってしまう。

長い文章にすれば、どういう風にすごかったのか、拙いながらもアレコレ説明を加えて膨らますことが出来るのですが、短い文章でありながらもう少し上手い具合に書き続けるにはどうすれば良いのか?

もっと精進が必要ですね。

 

思うところあって昔(1年ほど前)書いた記事も読み直してるのだけど、今とあまり変わらないというか、若干読みにくいかな、という印象。

あと今よりポリティカルなことぽんぽん書いててちょっとアカンね、って赤面するようなところもある。

まだ吾にそんな羞恥心があったのは意外だけど、いきおいだけで文章を書いちゃうのはやっぱりいけません。

「読む人に伝わる文章」というのを常に念頭において続けたいです。