afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

夜歩く

少し涼しいので散歩した。

風のぬるさはあまり変わらないのだけど、夜の距離感の取れなさが好きである。

川沿いの道は歩いてる時に目標になるのが街灯ぐらいしかないので、どれくらい歩いたのかが気にならない。

昼間だと目立つ建物にどんどん近づいていくので1kmも歩けば「今日は歩いたな」と感じられるのだけど、川べりには高い建物もあまりなくて薄暗い。

そのせいで街灯の数を数えて歩く感じになるのだが、歩いてるうちに雑念が増えてきてそっちに気を取られているうちにどこまで数えたか忘れて、長いこと歩いてしまうのがいい。

今日はちゃんと数えて歩くぞ、と思っていても稀にすれ違う人の散歩用の夜光ライトや懐中電灯に気を取られて頭から数が飛んでしまうこともある。

数えるのを忘れると距離感が薄れる。

そのせいで日中よりも長く歩くことが多い。

時間でカウントしてたら、もうちょっと日中と同じくらいの距離に出来るのかもしれないが、夜は長く歩いてもあまり疲労が溜まらないので、今のままでいいかなと思っている。

自分がどれくらい歩いたのか、これからどれくらい歩くのか。

そういうのがハッキリしない状態でただ足を前に出すだけの方が、疲れは溜まらないみたい。

集中しているわけじゃないんだけど、ただあるいてるだけで思った以上に時間が経ってることもあって、そうなると今度は帰りの距離を考えてげんなりすることもある。

行きも帰りもアタマ空っぽにしてただ歩けるときはちょっと気分がいい。

意識しないでも「今日はこの辺にしておこう」って引き返すと、ちょうどいい按配の疲れ具合になることはあまりないけれど、それだけに少し嬉しい。

体調と相談して歩いているわけではないが、散歩する時にいい具合に切り上げられる時はだいたい調子がいいと思う。

早く切り上げすぎたかな、とかちょっと歩きすぎた、という時にはどっか心身の不調があることが多い。

街灯がポツポツあるだけの川沿いの道をただ歩く、というのは傍目から見たらきっと不気味だけど、体調を整えたりチェックしたりするのにとても都合がいいのです。

 

暗いから周りが見えなくて、歩くことにだけ集中できるのがいいのかな?

よく分からないけど、昼間にする散歩よりはずっと気が紛れます。

散歩して穏やかになる緑の多い風景を眺めるのが癒しになるって言うけど、真っ暗な川面をボーっと眺めたり、ザーザーいう川の音を聞いたりして歩くだけの方がよほど心落ち着くぞ。

けっこう気持ちいいと思うのだが、あまりすれ違う人もいないということは珍しい感覚なんでしょうかね?