afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

利他の精神

こうしてブログを書いていると、ないよな、ってしみじみと思う。

 

書きたいことを優先しすぎてて伝えることについてかなり疎かになってるので、文章力の向上はなかなか難しいのではないか。

そもそもブログの方向性が見えない。一年前のブログ読んでも何書いてるのか自分でもよく分らない。

ただ書き散らすことで満足してたんだなというのがよく分る。

 

今もそれはあまり変わらないが。

 

にも拘らず、文章を上手くなりたいと参考になりそうな本を読むようになったのは何でなんだろうと自問している。

承認欲求が高まったので、アクセス数を気にしてなかったブログでも少しは見る人が増えて欲しいから?

それは間違いなく理由の一端ではあると思う。

思うけども、痛切にそれを必要としているのであれば、今のような3人くらい/日の閲覧数では「少なすぎて我慢がならない」という風にイラついてきても普段の吾ならおかしくないのだが、そんなこともなく。

淡々と気が向くままアレコレ書いてる。

 

この「気が向くまま」ってちょっといやらしいな。

少ない世間の目をまったく気にしてないかのような言い方。

スイマセンちょっと見栄を張りました。多少は読んでる人に受けるといいな、と思うようなネタを書いてます(吾なりに)。

 

しかしまあ思ったほど書くことの衝動の根っこが「承認欲求が高まりすぎて」とかではないとすると、では今こうして書き続けてる理由は何か。

惰性と暇つぶしが大きなウェイトを占めるけど、たまに無理して長文書いた後に

「無駄な時間過ごしたな」

っていう後悔が胸をよぎらないでもないので暇つぶしというのはちょっと違う気がする。

しかし人に説明する時には「暇つぶし」といってしまうのが一番現状しっくり来るような感じもする。

暇つぶしで益体もない雑文をダラダラ・・・ってのはちょっとカッコ悪いな!

けど現状そんな感じだし否定も出来ないしな!

 

そうか。

暇つぶしで益体もない雑文をダラダラ書くのは好き! 

・・・ただそれをそのままストレートに言っちゃうのは何か恥ずかしいので、ブログに何らかの益があるように見せかけたい!

ってのがいろいろ文章力弄ろうとした本当の理由なのかも。

雑文でも体裁が整えば、人の役にたつようなネタになるかもしれない、っていう下心。

「テキスト打ちのリハビリ」ってのも雑文だけど練習中ですよ、っという言い訳の予防線みたいなものなのだ。

 

 

うーん、分かってみるとまさに見栄っ張りな割に小心者な吾らしさがにじみ出てる。

まあいいか。

これからもダラダラ続けよう。

ただ。

ダラダラ続けすぎても後から読むと自分でもあちこちにとっ散らかって分りにくい文章になるのは過去記事を読んでよく分った。

「他人に読みやすく」のモチベーションが薄いらしいというのは分ったにせよ、どうせ続けるのなら「自分に読みやすく」くらいは心がけようと思う。

いずれそれが他人にとっても読みやすいことに繋がるかもしれないし。

 

利他の精神に乏しい性格は残念だけども、結果として利他になるような「自分のため」はなるべく続けていきたいと思う次第。