afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリ

フィルムマラソン

 昨夜はオールナイト映画4本立てでした。

こちらの映画館の企画だったんですが、何回か参加したけどフィルムマラソンで満席というのははじめて見ました。ビックリした。

johakyu.co.jp

片淵監督のトークイベントと、あと「MEMORIES」の「大砲の街」を劇場で見られるの目当てで行ったんですけど、楽しかったです。

監督さんはけっこう話し好きの方なのか、上映開始ギリギリまでずっと話が聞けました。まだまだ話し足りないようにも見えて、あともう15分くらいは延長できたんじゃないか、と感じたけど、そうなると今度はぜんぶ上映するのに時間が厳しくなるのか、劇場スタッフさんもちょっと焦ってる様子だったのが少し面白かった。

劇場来るまでずっと勘違いしていて「MEMORIES」はオムニバスだし3本のうち「大砲の街」だけ引っこ抜いてやるのかと思ってたんですが、「彼女の想いで」「最臭兵器」もぜんぶやるという話。

これは時間がおしても仕方ないですね。

 

それで何とか眠気も我慢して

マイマイ新子と千年の魔法」「アリーテ姫

この世界の片隅に」「MEMORIES(大砲の街)」

全部見ました。「この世界の片隅に」以外で見たことがあるのは「MEMORIES」だけでほか二作は初見なので、その分集中力が持続したのかもしれません。

  

 

MEMORIES [Blu-ray]

MEMORIES [Blu-ray]

 

 

劇場で見るMEMORIESはスゴかった。3本とも全部。

やっぱ劇場だと音が違いますね。あと「彼女の想いで」冒頭の迫力も、自宅のちっこいちっこい画面で見てたのとは全然違う。「最臭兵器」「大砲の街」は言わずもがな。

「最臭兵器」とてもおおげさで大好きです。

「大砲の街」いちばん最後の上映だったけど眠気吹っ飛びました。17番砲台射撃シークエンスのところはやはり興奮します。

あと、大友克洋監督はこの頃から蒸気にだいぶ拘ってたのかなと「大砲の街」を見ながら「スチームボーイ」ちょっと思い出しました。あれも劇場では未見なんだけども、劇場で見たらまた印象変わるのかしら?

 

 

 マイマイ新子も面白かったけど、これ初っ端で「新子はかなり妄想力の強い奴である」ってのを受け入れないとキツイかも。

よくあるパターンだと妄想の癖のあることでからかったりするキャラを配置することで新子の人となりを特徴づけるんだろうけど、そういうのがないんですよね。妄想とか想像力の強さが交友関係に影を落とすことなく受け入れられてるというか、そういう癖があることを殊更に表に出さないまま、けど話は新子の強すぎる想像力とそれに巻き込まれていく貴伊子で展開していく。

そこが有り得ない、みたいに受け入れられないとぜんぜん肌が合わない感じになるんではないかしら。

1000年前の牛車とぶつかりそうになるところを想像して道でワタワタしてみよう! 

という話がツッコミなしで続いていくことを受容できるかどうか、ここで評価が別れる気がする。

そういう話なんだって受け入れれば、空想にしょっちゅう飛んでいくけど同時にキッチリ現実でも居場所があって、その両方を自在に行ったりきたりしてるのが面白いなと感じました。

 

こんな感じでぜんぶ良かった。見てよかったと思ったんだけれども中でもいちばん印象深かったのは「アリーテ姫」でした。今まで見てなくて損した。

・・・いろいろ書いてたら長くなったので感想は分けたいと思います。