afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

アツい作品はNetflixで

お題にしたがって何かやろう。

と思ったけれど

 

(この行を消して、ここに夏の《映画・ドラマ・アニメ》について書いてください)

ということなので、困りました。

映画・ドラマ・アニメ縛りか・・・引き出し少ないんだよな。

夏といえばこれが面白いぞ、ってお薦めしようと思ってたんですけど、

 

終わらざる夏 上 (集英社文庫)

終わらざる夏 上 (集英社文庫)

 

また次回にでもします。

 

夏・・・映画・・・ドラマ・・・アニメ・・・うーん。

つか人間、ちゃんと動くなら春か秋じゃないです? っておもう。

暑い中がんばってどうするの。

頑張りすぎると死ぬぞ。東京オリンピックだって涼しい10月にやったんだぞ。

 

そんな中敢えて推すとすれば


ホームランが聞こえた夏

話の強引さも

無駄なアツさも

オチの無理やりさ加減も

実に大映ドラマでお薦めです。 

(ギャグとシリアスパートのタイミングが絶望的に受け付けないのを除けば)

netflix では配信してるのかしら?

 

ではもう一つ。


樺太1945年夏 氷雪の門

第2次大戦・太平洋戦争最末期の樺太(サハリン)のドキュメンタリー映画ですね。

丹波のワンパターン演技が見れる。

成田亨の監修というちょっとショボイ特撮。

空襲/空爆が使い回しばかりなのはさすがにいかがなものかと思われます。

今見ると「ほーん」というか、そこまであしざまな描写でもないのに公開当時はソ連から圧力かかって上映できなかったというあたりに時代を感じさせる逸品です。

netflix では、イエなんでもありません。

 

なんだか特別企画にちっともかすりもしない映画ばかりになった気がします。

元々の引き出しの底が浅いと

・人と被らない

かつ

・面白い作品

ってのを紹介できないのがもどかしいですね。けど夏が舞台のドラマやアニメ、ぜんぜん見てないんだな、っていうのを自分で振り返れたのは収穫でした。