afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

伝えるときの、困った話。

Web上だとリカバリーできない。

にもかかわらず、Webではほとんど言葉・文章でしか伝わらない。

これが厄介だなぁ、と思うことはときどきある。

 

 

独善的だが、ネッツのよさは気に入らなければ切ればいいじゃないの、というのを普通にやれるところだと思う。リアルだとこうはいかないから、とても快適。

裏を返せば、リカバリーして、関係を再構築しなければならないほどの濃い関係は期待してないということ。

ほとんどはそれでカタがつくし、そんな風に関係を悪化させるのを回避したければ、当たり障りのない言葉で「すごいッスね」とか「いいね!」とか、実にヌルいインターネットしておけば万事OK。

ところが、もし関係を切りたくないが、同時にありきたりなコメントに埋没するのはイヤだ、お前のことを愛している吾がここにいるんだぞって激しくアッピールしたいような相手が現れたら、メッチャ厄介。

 

そんなブログにごく稀に出会うことがある。

 

こういうときはコメントが出てこないんだよね。

当たり障りのない言葉であっても。

当たり障りがないがゆえに、相手にとっては重さのない言葉になるかもしれない、

或いは

当たり障りがないがゆえに、こちらが関心抱いてないよ、と伝わってしまうかもしれない

そんなジレンマ。

前者だと数あるファンに埋没するモブになるのがイヤという自己顕示欲。

後者の懸念は多分に自分の被ったリアル経験

「褒め言葉に思い切り軽侮の念をこめて叩きつけるマウントコミュニケーション」

から来るものだから、おそらく杞憂。

おおむね相手にとってはどうでもいい話。

 

けどガチで気に入ってたりするとホントに悩む。

いろいろ言葉を連ねてみるけど、

長文過ぎてそのまま伝わらずに、裏があるんじゃないか、とか思われたらどうしよう?

などなど自意識過剰すぎる疑念がいっぱい湧いてきて終わってみるとやっぱり

当たり障りのないコメント、になってることがしょっちゅう。

 

こんな時痛感する。

リアルなら多分、ホントに褒めてるんだよ、とか好きなんだよ、ってのがちゃんと伝わるのになぁ、と。

テキストだとその辺の伝わり方が、ゴソッと劣化しますね。

いつものごとく自分の文章力のなさ、っていう根本の原因を棚に上げて言いますけど。

 

文脈を読めばだいたい伝わるだろ、ってなるけどその文意を限定、誤解の恐れを潰すためには色々と言葉を連ねなくちゃいけないし、そんな長文誰が読むのか、そもそも読んでもらえる長文を書けるのか? ってなるし。

あと長文になると吾の場合、「自己の主張」がかなりはっきりにじみ出るので、それもただ相手を褒めたいとかそういう時にはスッゲェ邪魔。

読みたい文章でなくなるからやっぱり伝わらない。

 

漫画とかドラマですごくベタな表現なんだけど、最初にいったセリフを相手が軽く受け流したのを、無理やり振り向かせて「俺はガチなんだぜ」って伝えるみたいなコミュ、

ネッツでのコミュではどうやったら再現できるんだろうな。

 

相手側に初球で見切られたら(こいつは嫌いだ、相手しなくていいのフォルダに分類されたら)リカバリーチャンスがないのは辛い。

 

ネッツの方がリアルより難しいよな、とこういうときは思う。