afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

至高の価値

金を儲ける、ことが七つの習慣最優先事項だからきっとこうなるんだろうな、って。

 

 

インターネットの「平気でうそをつく人たち」 - いつか電池がきれるまで

リアルでも平気で嘘をつき、それで稼ぐのはたくさん居る。近いところでは神戸製鋼とか。けどネッツは自己責任バリバリでペナルティがほとんど存在しない上、個人が平気で嘘をついて稼ぎやすいのが厄介なんだと思う。

2017/10/20 20:19

 

ライフスタイル売りの破綻を回避するために嘘をつき、その嘘をどうにも覆い隠せなくなると「覚悟決めてやってんだよ」で居直るというパティーン。

 

ライフスタイルを売りにしてもOK牧場、ってのも

嘘がバレても銭になってるなら居直って逃げ切ればOK牧場、ってのも

「金を儲ける」という価値基準が天辺にないとどこかでブレーキかかってたよね、って思う。

ライフスタイルはどこか羞恥心がブレーキになってたかもしれない。

嘘はもっと深いところで恥じ入る気持ちがブレーキになってたかもしれない。

けどそうはならないのはやはり、金を稼ぐということの価値があまりにも超然とした価値としてその人の中に聳え立っているからだろう、と。

ライフスタイルを売らずに銭が儲からない人生。

嘘をつかずに真っ正直に生きる事で商売の機会を逸失する人生。

そのことの辛みが、自らの良心の呵責をはるかに越えて痛みとして感じられるからこそ、彼らは嘘をつき、居直るんではないかしらん。

 

 

上記のブログ記事では騙すのが悪い、っていうのもあってそれにはおおむね賛成なんだけども、同時にこれに引っかかるのは「価値観を共有する人たち」ぐらいだからまあ放置してもいいんじゃね、っていう感想も湧く。

アフィリエイトビジネスでウソライフスタイルでWEBサロン経営・啓発セミナーでニコニコ! って人たちが必死こいて大挙して擁護してるのは、

 

この商売形態のトップランナーが潰される事で、ビジネス自体が潰れたら敵わない

続くフォロワーたる俺(私)が儲けられないじゃん!!!

 

というどこまでも自己都合のなせる業なんじゃないかな、って思うの。

 

DeNAWeLQ騒動でほかほかになった時に

 

このビジネスの何が悪いんや!!! 

 

っていきり立ったまとめサイト・ライターがいっぱいいたの思い出した。

あの騒動の時は上位が潰れたら俺たちにもお零れがあるぜ、って便乗してぶん殴ってたまとめも居たのがカオス風味だったね。

 

けっきょく自分の商売の先に在るもの、居る人を微塵も考えていないってのは割とリアルでもよくあることだよな、って感じた。

リアルだとまだペナルティがあるからそれがブレーキになってるかな、という気もするけど、神戸製鋼なんかは40年前からやってるわけで、それも微妙なのかな、とも思ったり。

あれはもう

「不況不景気でギリギリまで追い込まれて仕方なくやった」ていう見立てはあんまり響かなくて、単純に

「バレなければこれで儲かるんだし俺がニコニコ!!」

っていう価値基準でやらかしたんだよね、って思う。

・・・まあそれでもこれから多分キッチリ落とし前つけることになるんだろうから、リアルでは、先のことを想像できる人や企業はキチンとブレーキが働くだろうな、という予測は立つ。

 

ネッツはどうだろうね。

「騙して売ってるほうが悪い」よりも「騙されたお前が悪い」の方がクールでかっこいいみたいな空気あるよね。自己責任論の横溢した世界観。

「苛める奴が悪いんじゃなくて、苛められる理由のあるお前が悪い」

「セクハラする奴が悪いんじゃなくて、セクハラされたときに反撃しないお前が悪い」

みたいな感じでとにかく声あげた被害者側にマウンティングすればカッコいい、という風潮。そもそもマウンティングしたいだけのモブが集りやすい空間というのを脇に置いても、なかなかきっつい世界ですよね。

 

マウンティング・モブに集られずに、銭儲けが至上価値で他の何者をもないがしろにして恥じるところのない人(しかもこういう人に限ってネッツの声もでかいし入り口も広いんだよね、流入数を引き上げるテク磨きだけは誠実)を避けながら歩くインターネット。

 

どんどん狭くなっていきそうです。

どうしたらもう少し風通しのいい健やか空間になるのかしら。