afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

Frankie Goes To Hollywood.

今週のお題「リラックス」

 


Frankie Goes To Hollywood Relax (1984)

出オチやな。

書くことないけど、書かないと書き方を忘れそうなので無理矢理。

 

思考の整理として書き出すことの意義、はじわじわ感じてたところだけど、最近は整理するほどの考えも浮かんでこないのよね。ただ生きてる感。

日常の時々、節目節目には考えたり感じたりしなくもないんだけども、それが胸のうちや頭の中に留まっていないというか、引っかからないでそのままどっかに消える。

自覚はしてないが、極端にリラックスしているのかもしれない。

あるいはただぼーっとしすぎなだけなのかもしれない。

いかんNHKのクソガキに叱られてしまう・・・まあいいか。

叱って来たらぶん殴ればいい。中身はオッサンやし。

てかクイズ番組健康番組の常やけども、エライ断言する勢いで「コレが答えや!!!」って出した後に番組のラストあたりでちびっちゃい文字で前回放送の訂正とか注釈を入れるのやめーや。

ネッツでもキャプチャ貼られてた信号のやつはめっちゃアウトやんけ。

・・・話がそれた。

逸れたままでもいいんだけど、書き方を忘れている、という話に戻します。

 

書きたいことがないというのは、一方で特に普段の生活で心がくさくさするようなことがないということでもあり、そんなに悪い話ではないのです。

 

こういう波のない生活好き。仕事とか忙しい生活キライ。

 

けど一方で波がなさ過ぎても刺激が弱すぎてつまらないのも事実。

サンフレッチェが崖から落っこちるように調子落として優勝絶望的とか

広島東洋が得点差以上の実力差を見せ付けられて日本シリーズ惜敗とか、その辺もあまり熱を入れて追っているわけではないので書くほどのことでもない。

書くほどのことでもないのに、なぜか情報は入ってくる環境なのでいつの間にか追ってたけど、しかし今年はいろいろ劇的だった。

過去形になってしまってるけどもうフロンターレで決まりだろうし・・・なんであんないきなり止まるの。

 

また話が逸れました。

書くことないのになんで書くの、でしたね。

もともとどうでもいい雑記を書いてるところなので、他所のしっかりしてるブログよりも書き出すハードルは低いはずなんだけども、それでも何か手が止まってしまってるわけで。

いくら何もない一日でも何かしらあるはず。で、それを書かないのは何でか。

今はもっぱらこの手を止めている「何か」ってなんなんだろうか、というのを考えてます。

書くことの優先順位がググッと下がっているのも大きいと思うんだけども、その割に暇を持て余している時間というのも長いんだよね。ほんとうにボーっとしている時間がある。

意識の上ではそのボーっとした時間よりはよほどブログ書いてた方がまだしも有意義だろ、と思うのだけども、それでも手が動かないのは一体なんでなのかな、ということが気になるこの頃。

 

何もないところからスタートする時もめんどくさかったけども、既にダラダラ更新するのが身についてしまってるのに、不意に襲ってくるかったるさの正体ってなんなんだろう?

 

リラックスすれば分かるのかしら(むりやりお題に回収)。

 

 


SOUL'd OUT 『「TooTsie pOp」MV』

 

※さいきんは、これ聴くと細かいことは気にしなくていいや、って気分になれる。意味を求めたりしなくていいのだと思える。たぶんきっとそのうち飽きる。でまたぶり返す。