afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

自分専用。下書きでよいはずの何か。

いま、書きたいことがない。
もとい、ないわけではない。
ただいったん書き始めると「違うな」という感覚が湧いてきてやめる、というのを数度繰り返している。

ふだんのブログも雑に書いている。それでも少しは考えて書いてるので、実は書き始めてそのまま最後まで、ということは少ない。
いったん書き始めてもダメだな、と思ってから修正するのはよくある事だ。

どうでもいいことを書いている。
この「どうでもいいこと」をあえて書くのは、書くことで何らかの解が見つけ出したいと思ったからだ。


「違うな」となるのと、書き上げたものと。
自分の中では大きな差があるものだと思っていた。
けれど、「違うな」と思うこともなく出来上がったものにしても、今読み返せば、別にそんなしっかりしたものではない。
だから「違うな」と思って途中で放り出したものも、もしそのまま続けていたら「出来上がったもの」と大差ないのではないか。

にも拘らず、自分の中では最後まで書こう、となるネタと、途中で投げるネタが別れている。
いちどこの辺をしっかりと考え直してみたいと思ったのだ。

・・・じつは既に「この記事なんか違うな」という感情も湧いている。
いつもなら棄ててる。今回はその「棄てる理由」を考えるためにあえて無理やり書き続けている。

一応、自分の中で「書く/やめる」の判断基準らしきものがボンヤリなくはない。
時事ネタだったり、陳腐だったりすると高い確率で「ヤメ」ってなることがある。*1

一方でそういうルールには引っかからないけれども放棄するパターンに
「書いてるうちに最初書こうと思っていたことから脱線しすぎる」というのがある。
このパターンは身に覚えがたくさんある。
書いてる途中で脱線に気づくのだが
・勢いがついてるので止めずにいると後戻りできなくなってて、修正しようとすれば全部書き直しのレベルになる → ヤメヤメ
・勢い任せで書いてるうちに最初書こうとしていたことを忘れてしまい、支離滅裂になってるのに書き終わってから気付く → 非公開
の二つの傾向があると自分では理解している。

現在もこの脱線癖はまったく変わっていないのだが、「毎日書く」という別の縛りのおかげで脱線しても強引に話を戻すなどして公開に漕ぎつけているのもチラホラ。もし以前のように気の向くままに書いているだけだったら「公開しないな」と思うネタもある。
公開のハードルというか、毎日継続することを優先してある程度質には目を瞑っているからやれる荒業だと思う。
これまでは一応それなりに気にしてはいたんですよ、気にしてないふりを装ってはいましたが。

 

また話がそれた。
この話がそれるという癖は本当にどうにかしたほうがいいね。
そう思うのだけど首尾一貫したネタを書く、ということになると書くスピードが一気に落ちるので毎日書こうと思っている今は封印。
優先順位を後回しにする。

 

さて。
そのようにして見て見ぬふりをして最優先で「毎日書く」という目標を掲げているにも拘らず、それでもなお手が止まってしまったのは何故か。
今日はそのことを考えるつもりだった。
そしてその手が止まる傾向について自分なりに考えてみた。
「陳腐な時事ネタ」「脱線がすぎる」いずれも好きなタイミングでブログを書いていた時には、途中でやめる大きな原因だったと思う。


しかし。
「毎日書く」という事にした今年に入ってからは、どちらも分かったうえであえて無視してブログを継続している。それでも今日は、書き始めてから何度か書き直してしまった。


なんでだろう?

 

休日ゆえに、いつもよりも時間に余裕があるせいで、少しはちゃんとした記事を書こうという意識が働いたのかもしれない。
そもそも「書きたいものがない」と思うこと自体、余裕がある証明のようなものではないか。
「なんかダメっぽいけどとりあえず書かなきゃ」という気持ちであわてて書いた記事も既に幾つか公開しているし、今日ももし時間に余裕がなければ、最初に書きだした「書きたいことがないけどとにかく手をつけたネタ」を最後まで書いて公開していたと思う。
だからといって、それを書かなかったからと言ってより良いものが書ける、というわけではないのはここまでお読みいただければ分かるとおり。

 

書きたい時に、書きたいものを書く、というのが一番良いことだとは思うのだけども
書きたいものを書くために腕が追い付かないのが現状で、そこをなんとか鍛えたいので毎日書く、って課題を設けたのだがうまく行かないもの。

どうするべきか。
手応えとしては、毎日継続でやる方がいいんじゃないかな、という感覚がある。
好きな時に書いた記事と、強引に書いている記事の差が、自分で読むかぎり、思っているほどには開いていなかったのが大きい。
これは以前から自分が真面目にブログを書いていなかったから、というのが大きいのだけども。質が大差ないのなら、好きな時にちょこちょこ書くより、強引にでも毎日書いて量をこなした方が成長があるかも、という希望がうっすら湧いてる。


こうして書いてる間も「違うよなぁ」という気持ちはひきずってるけれど、そこは押し殺してなんとか最後まで書いた。
けっきょく書いてるうちになぜ違和感が湧くのか、の原因についてはまだちゃんと分かってない。
分かってないけど、「違うよな」と思いながら書いたものを残しておいた方が、あとから見直す時には有益だと思うので残しておく。
今さら書き換えてもなんか間に合わなさそうだし。

拙いものも、良く書けたと自負するものも、あとから見返せば大差ないものだというのを自覚した以上、とりあえず全部出してみる、とにかく量をこなすことを優先したい。

 

いつも以上に自分専用の記事になった。

本来は自分の内心できちんと消化すべきことなんだろうが、どうにもまとまらないので吐き出しておく。
とっ散らかりましたが、これからもよろしくお願いします。

*1:が、必ず止めているかと言えばそうではない。むしろブクマした時事ネタとかだと陳腐な言及でも嬉々としてやっているのがこのブログだ。ただそれでも、自分の中でも「あんまりにもベタだろ」っていう思いが去来したりすると途中で投げ棄ててるので、判断基準として「陳腐な時事ネタはNG」というのはあると思う。