afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

いろいろ下品。

読んでないと思うよ。たぶんコピペ。

b.hatena.ne.jp

 

余命3年騒動の時も思ったんだけど、こういう層がまるごと右派・保守言論に絡めとられているっていうのは、左派はもう少し深刻に受け止めたほうがいいんじゃないか。

運動を進めるうえで。

 

最近ダラダラ読んでた本の影響かもしれんが、そう思う。

 

歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)

歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)

 

※ビジネス右翼の商売の上手さがすごく印象深い。小林よしのり界隈の巧さはマジで驚異。

 

右派はまともな学術の舞台での闘争を放棄したうえで、主流に対抗する言説を 称揚し、学術は権威主義的、と攻撃。

んでも学会という世界を否定して作り上げた「俺たちのムラ」では

対抗言説を述べ立てていた人なり論なりが無批判に称揚される、批判を許されない「権威主義」が横行する、と。

別に正しさなんてどうでもいいのだ。

自分たちのムラで、自分たちの祀り上げた「権威」こそが正しい、という切断。

 

これを下敷きに考えると、例の「微用工」もさ、別に自分でテキスト打ったりしてるわけじゃない。権威(往々にしてそれはまとめサイトだったりするが)の撒き散らした言説をそのままオウム返しにして、集団でさんざめいてエコーチャンバー、って考えたほうがいいと思う。

 

いや、ほんとに「びようこう」と読んだうえでテキストを打ち

「なんかこれ変換しにくいな?」

って困惑している愛國士がいないとは言わない。

恥をさらすが俺はしばらく私掠船(しりゃくせん)を「しりょうせん」と読んでいて、しかもそのようにテキストを打ち「変換しにくいなぁ」と若かりし頃は思っていた。

何故か。

「掠」の字が「涼」に似ていたからだ。なら読みも一緒じゃん、と思ったのだ。

ちなみに「掠奪(りゃくだつ)」という言葉は既に知っていたが、私掠船とは結び付かなかった。

バカの思考回路は往々にして謎。

人に気づかれる前に修正できたのは僥倖でしかない。

※ちなみに世の中にはこのレベルのバカは割とたくさんいる。俺も含めて。

 

 

そういった次第でですね。

左派はこうしたバカの馬鹿さ加減を笑うよりはむしろ、

「なんでこのレベルのバカになると軒並み右に流れていくのか」

というのを考えたほうがいいですし、

「バカを馬鹿にするとかえってバカを拗らせるだけ」

というのも意識しておいた方がいいと思いますよ。

 

これも私事ですいませんが、俺は「放出」絡みで憎しみを拗らせているので、放出近辺およびそれをネタにしそうなエリアの連中はまるごと滅んでもかまわないと思っているくらいです。完全に逆恨みです。

逆恨みですが止められません。

俺を最初に盛大に

「ほうしゅつwwwwwwwwwww」

とバカにしたあいつが悪い。

 

表立って晒されるのは、辛いものです。

「せめてコピペは止めなよ」

「自分の言葉で、話してみようじゃないか」

そう励ますのが、大人の優しさだと俺は思います。

 

右派に流れ込んでいる「このくらいの出来のアタマの人たち」を、左派が自陣に取り込むためのソリューションは思いつかないけど、「晒し上げ」はますます彼らを右に追いやる悪手だと考えます。