afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

人生とゼノフォビア。

これね。 

 

アフリカ選手を「チンパンジー」呼ばわり 通訳がブログで | NHKニュース

オリンピック始めたらこれに類似する事件がいくらでも頻発するからね。日本国民は、自分たちの差別に関する感覚の鈍さを自覚するいい機会だと思うけど、国際的な評価は失墜すると思うのでゆめゆめ気をつけて。

2019/02/15 17:41

 

いちばん怖いのは接触が劇的に増えるってことなんだよな。

自分では「俺って博愛の人」って規定してる人めっちゃくちゃ多い。

もろちん自分も含めて。

 

ただ見聞と経験が絶望的に薄いだけなのに。

 

そこを自覚する緩衝のないまま大量に接触するのは本当にこわい。

その付き合い方間違ってますよ、っていう風に指摘できる気がしない。

俺は骨の髄から日本人なので「事なかれ主義」がめちゃくちゃ染みついていて

(こういう時に自己の問題点を民族性に帰結させる生き方、良い子は真似しちゃダメだぞ)

注意したらメンドクセーことになりそうだな、ってなったら被害者が居ても多分スルーする。

自分のそういう薄汚さは自覚してるので、そういうのが露呈するような局面は出来るかぎり減らしていきたいのだ。

もしくは、そういうのが不可避であるにせよ、じっくり準備してボロが出ないように気を付ける。これやった後だとボロが出ても「とりうる対策はとったししゃーない」って自分で自分を説得できるのだが、いきなりポイっと違う局面にぶち込まれて

「さあ選べ」

ってなると絶対にさいあくの選択肢を選ぶ展開が、経験上とても多い。

 

とはいえオッさんだから、ある程度は

「この局面は以前のアレと似てるからこういう風にすればボロが出ない」

という類推から切り抜ける、ということはできる。*1

 

けど他者との接触、中でも母語を異にする人々との接触の経験はほぼ皆無。

今までの経験をもとに答え合わせが出来ない。

そして、答え合わせをした上で「じゃあ次はこうしよう」という応用力も加齢および元々のバイタリティの問題上、けっこう難しそう。

 

イヤだなぁ。

俺の内心にも、まず間違いなく差別の根は張ってる。

自覚できてるのはほんのわずか、氷山の一角であろうこともそこそこ覚悟している。

だからこそイヤなのだ。

 

相手を傷つけることがではない。

自分がそのような人間であるということを思い知らされることがイヤなのだ。

 

無理矢理イベント起こさなければこういう局面は回避できてたんですよ。

なんでメヒコの事前合宿受け容れたの・・・

小者も海外の人と接触するのがめちゃくちゃ増えるってマジ勘弁。

こういう自分の昏い面を見たくないから、苦手なことからは逃げ回ってるんだけど、向こうから包囲網のように襲ってきたらもうどうしようもないじゃん。

開き直って差別するのはしょうがない、ってなるのはもっとイヤ。

相手を(図らずも)傷つけてしまったことへのバツの悪さを感じるのもとてもイヤなものだが、相手の「傷ついたぞ」という言い分までも無視するのはさらにイヤ、っていうか人間として大事なものを捨ててると思う。*2

 

差別してる、って非難されることよりも

自分で自分の差別意識にむりやり気づかされる方がずっとキッツいので

オリンピックは、マジでどこかへ行ってほしいです。

本気で受け入れ期間中休職してやろうか…

 

 

 

*1:ある程度ね、ある程度。完璧でも十分でもないから、そういう局面はないに越したことはない。

*2:今回の騒動、内輪だから良いじゃん、という通訳へのアシストが届いてるけど「原始人」「チンパンジー」呼ばわりをニコニコ受け止められる関係性を大会期間中の短期間で構築できるの? という疑問を感じたりしないのだろうか? つかブログで晒してる時点で内輪じゃなくなってるよね。これはネットリテラシーの課題だから本筋からややズレるけど。