afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

にんげんだもの まちがうのはしょうがない

そうは言っても、という思いがある。

www.asahi.com

 

これ持続化給付金を不正に受けようとしたという点でこれとなんら変わらないんですよね。

www.okinawatimes.co.jp


けど・・・下は社長から何から全部懲らしめろ!!!!

に対して、上は「自浄作用が働いた」という。

 

少しぞっとしました。

他人に対してではなくて、自分にもあるこのひいき感情がね。

下の基準に照らして大胆なダイタンたちはより重い処分を受けるべきだし、なんなら主犯である以上沖タイの社員たち並みに役員は詰められなかったら拙いだろっていうね。

 

 

肩入れしてる奴を庇う/普段から嫌ってる奴を叩く

ためのツールとしていろいろ賢しらぶるのは身体と精神の健康によろしくないと思う。

 

しばらくすれば感慨も変わるだろうしね。

 

 

ただ・・・こうまでしないと儲けられない「仕事」ってなんなんだろう?

という感覚はあんまり変わらない。

ヒトをヒトとして(法律上規定されたように)扱う最低線を割り込んだ「業」にヒトを吸い込む経済があって、そこが産業として財・サービスを生み出しているのに乗っかって日々を生きている、と言うこの何とも言えない居心地の悪さ。

自分が見聞きした範囲において脱法・違法が知れた企業を生活から除外してみたところで、知らないまま使っている財・サービスは間違いなくあるわけで。

それらを厳しく指摘されていったときに、「アレもダメ」「これもダメ」と自分の生活の快楽をなすアレコレの裏を暴かれていったときに、はたして今まで通り「悪徳を知った以上その財・サービスの利用から足を洗う」という行動様式を貫けるか、どうか。

 

今だってけっきょく人を踏みつけにしてることを理解しつつも、たまに使ってしまう財・サービスってある。

ココロの弱い人間なので、これから先不況に向かう中で、自分の快楽のためにヒトが虐げられているのを見る頻度が増えたらどうなることやら。

そうなった時に自分はどう振舞うんだろうか。

生活保守主義者たちのように「正しさじゃ飯は食えない」と居直るのか。

内部のシバキ構造はウヨクや保守と大差ないリベラルのように自分の汚点からは目を背けたまま「改善しろクズども!」ってなるのか。

 

何となくだけども、飯を食わなきゃいけない、という方向にはいかない気がしている。

あれは「食わせなきゃいけない(ので、不法に目を瞑る)」という含意があるし、食わせなきゃいけない対象がない俺が染まるには少しハードルが高い。

 

・・・ホントに労働法周りの規制当局の強化、頑張ってもらえんですかね。

ヒトが虐げられているのがいや、というよりも、それを見たときに

「世の中ってそういうもん」と達観しそうな自分や、自分もその虐待の環に骨絡みになってるのを棚に上げて責任転嫁しそうなのがすごく嫌。

 

この不快感はしんどいので、経済殺してでも杓子定規に叩きまわってほしいですよ。

世の中の都合なんか知ったことか。

俺に不愉快な思いをさせるほうがよほど悪いわ。