afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

マツコ。

一体何時ごろからデラックスになったのか。

読み終わって解けない謎が一つ残る。

 

 

うさぎとマツコの往復書簡

うさぎとマツコの往復書簡

 
愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡

 

 

一気読みした。

どこかのブログで書評を読んで図書館で借りてきた。

吾はいつもそうだよな。

どこで見た、というのを本当に奇麗さっぱり忘れてる。

今年の抱負に「出典・出所を忘れない」を追加しておこう。

 

さておき。

 

一冊だけのつもりだったけど 面白かったんで続き全部あっという間に読んじゃった。

読みやすい分量だったのもあるけど、中村うさぎマツコ・デラックスも今までのイメージとはだいぶ違うんだな、って認識をあらためた。

特にマツコ。

眼光が鋭くてふてぶてしくてふくよかな女装ゲイだと思ってた。

なんかの番組でゴルゴみたいな眼で水鉄砲いっぱいカメラに撃ってたのが印象に残ってたけど、これらの本だとめっちゃ真人間。

てか40にもなって母親の影から逃れられないって勝手に親近感抱いてしまったぞ。

理屈抜きで影響バカでかくて、自分の内心で母親をどう処理したものか悩んでる感じが身につまされるようで。

マツコの方が事情が事情だけにより深い葛藤とか煩悶があるんだろうなってのは想像できるけど、同じところでうだうだグルグル回ってる感じが、なんというか、分かる。

 

基本的にジメッとした感じのダラダラ続くだけで、うさぎはうさぎで愚痴っぽい割に突っかかってくるしマツコも微妙に返しが外れてるような気がするし、いろいろ微妙なんだけど、なんでかずっと読んでしまった。

二人のダラダラグダグダしてるけどガチで迷ってる感じが潔いと感じたのかも。

どっかでオチつけようとするのが自然だろうけど、どっちもあんまりそういうの意識してないようで、同じような話題がループしてる。

先に進まないけど、この先に進まない感じがとても面白い。

じわじわ進んでるように見えて、また振り出しに戻ってみたり。

そんだけめんどくさいテーマに取り掛かってるから、なんだけどどっちも途中で放り出そうとしないのがいいね。だいたいマツコが雑に投げ出しかけると、うさぎが食い下がる。これでマツコが追い詰められるというか、深く考え抜かなくてはいけないような状況に追い込まれて、それでもなお逃げないってあたり、大したもんだと思った次第。

 

タレントさんてワーキャーやってるだけだと勝手に思ってたけど、偏見だった。

吾はまだまだ狭量な檻の中に閉じ込められているのだわ。

知ってる人はとっくに知ってたことかもしれないけど、マツコってまともなんだなぁ、と深く見直しました。

 

明日からTVに出てるマツコを見る目が変わってしまうかもしれないけど、お奨めです。

変な時間に目が醒めたので。

年寄りってとっても朝が早いけど、気温の変化に敏感になるからだと思うの。

昨日一昨日ちょっとあったかかったから油断して毛布減らしたらごらんの有様だよ

 

それはさておき。

blog.weep.jp

 

で、あとは。。。 はてなブログの「HTTPS化」がいつ完了するのかが気がかりなんですが!! weep 21分前

サーバー移転完了のお知らせ - おいらの動作確認。

 

そういえばそんな話があったね。

staff.hatenablog.com

 

順調に遅れているとはいえ、11/20時点で第1段階はクリアーしてるみたい

(当初の予定では、第2段階を11月に仕上げるつもりだった模様)。

はてな内で2018年初頭がいつ頃までを指すのか分かりませんが

・・・つかそもそも「初頭」ってのがどのくらいの期間を指すのかよく分からんすね。

具体的な指標とかあるのかしら?

イメージとしては2月末くらいに終わらないと「初頭感」がないよなって思う。

 

年跨ぎするようなことがないようオナシャス。

 

 

※ついでに見つけた奴。

10年前までの見解では、初頭は月単位、年単位でくっつけちゃいけないイメージだった模様。

辞書もだいたいは「世紀」や「年代」という大きなスパンを念頭においてるのか。

新版の広辞苑でどういう扱いなのかちょっと見てみたいかも。

style.nikkei.com

 

燻蒸塔

先日まで寒かった時に続きものみたいに見ていた夢をメモ。

急にあったかくなったからね、忘れるかもしれないからね。

誰得かっていうと吾得な話。

 

 

どっか架空の都市があって、その地下にはおっきな熱源装置がある。

熱源装置って言うか、定期的に高温高圧蒸気をいっぱい吹き出す奴。

※原理は知らん。

んで、その熱で都市はあったかかったり、消毒して衛生状態を保ってたりする。

必要な場所に蒸気を送り込むパイプは毛細血管のように繊細にあちこちに張り巡らされていて、高温高圧蒸気を都市の住人に提供するときにはマイルドな蒸気へと変換して供給している。

地下には中心の高温高圧から放射線状に大蒸気管が放射状に張り巡らされている。

都市だけでは使い切れない余剰な蒸気は、ここを通って外周へと放出される。

都市が成長するにつれ、この放射線状に放出される蒸気も回収して利用するようになる。

大蒸気管に違法に竪穴をぶち抜いて蒸気を吸い上げる都市外郭のスラムもある。

それはそれで別の話。

大蒸気管には一定の距離ごとに正規の竪穴が開いていて、ここから余剰エネルギーを放出。これに都市外部の人間?が住み着いてる。

地上のスラムでは何らかの理由で暮らせない人間たち。

高温高圧蒸気の中核から同心円状に広がっている各大蒸気管の竪穴は、内周に近いほうから第1、第2・・・とナンバーが振られてる。

最外周は何番くらいになるのか知らないけど、吾は第5竪穴の人間としてスタート。

似たようなのが竪穴の地上孔からぶら下がってる太目のロープに何十人もびっしりと集ってる。吾もその一人。

で、第5竪穴は真ん中ぐらいがちょうど良い塩梅のあったかさで、上の方は熱が少なくて凍えるし、大蒸気管に近い下の方は熱すぎて熱死するという環境。

下の方に位置するやつは死にたくないのでロープ上ってくる。

上の方に居るやつは凍えるのでロープ下がろうとしてくる。

真ん中のちょうどいいポジションを狙って虫のようにうごめく人間たち。

凍死して掴まり切れなくなった奴がロープから剥がれてときどき落ちていく。

そうすると真ん中ちょい下だった吾の位置がちょっと上がる。

大蒸気管の蒸気の放出があると、下からの突き上げが緩む。

そうすると真ん中ちょうど真ん中くらいに押し上げられていた吾の位置がちょっと下がる。

そんなこんなしているうちにギュッと詰まったけっか、人間は圧縮されて2頭身くらいの大きさになる。

どこから湧いてくるのか知らないが、人間はどんどん増えて真ん中の圧も増えて、2頭身になってた人間同士がぷよぷよかよ? って具合に合体したあたりで竪穴の横に開いた通気口みたいなところから出てきたタモで回収される。

タモで回収された一人(合体してるけど元は二人だから、二人というべきなんだろうか?)が、次にいくのはより蒸気に近い、ナンバーの若い竪穴だということは知ってる。

だんだんくっついて行って、第1竪穴で7頭身~8頭身くらいのリアル人間くらいのサイズにまで合体が進んだら、竪穴から這い出して新たに都市住人の一人として認められる、みたいな世界の模様。

 

未だにぶら下がったままでどうなるのか自分でも分からんが、これはまだ続くと思うので書いておく。

 

バナナ共和国。

ちょっとディストピア風味に。

先日の記事で

日本は純然たるフルスペック独立国、という顕教

首都上空の管制権もままならない純然たる従属国、という密教の二重構造

というネタと、そういう構造が今崩れかけているんだぞい、という本の感想を書いた。

 

本の著者は

「こういう顕教密教な展開は不自然だし解消しなければならない」というスタンスにあるみたいなのだけどどうもそこが引っかかっていて、

戦前、というか開国のその時から

万世一系の皇統の下に治められた選ばれし臣民 って顕教

皇統は機関であり、実際の支配は官僚機構その他による、って密教の二重構造があったわけで

この「本音とタテマエ」みたいな思考様式に一五〇年慣れ親しみズップリ浸かってるので、これからもそれで進むんじゃないのかなぁ、っていうのが吾の感想。

 

で、

純な独立国 ってタテマエ と 実は従属国 って本音 をこれからどうアップデートすればいいのか、ってのをちょっと考えてて、

これはもう究極まで推し進めるしかないんじゃないのかな、という風に妄想。

 

すなわち、

建前としての独立国 明治以来の皇統に従った保守思想を推し進めた内国政策

本音としての従属国 敗戦以来の米軍支配・米軍との一体化をさらに推進する外交政策

を並行して進めるの。

一見、矛盾してるけどこれまでも(ややマイルドながら)こういうフィクションを受容してきたわけで、これを受け入れる素地は国民にはあると思う。

ぱっと思いついたところ、

米国と日本の国益の衝突というリアルな問題を「なかったこと」にしてしまえば、

米国と日本の国益は徹頭徹尾重なる、一心同体である、というフィクションを構築してしまえば

米国から独立した存在として、戦前の思想に近い日本を肯定しつつ、

国際環境で米国への追随を愚直なまでに進めることも「国益の追求」として受け入れられるんではないかしらん、と。

 

暴論だけど、案外うまくいきそうな気がするんですよね。吾の脳内では。

日本が戦前回帰的な指向を見せたとしても、米国にとってもそれは好都合だと思う。

日本の暴発を抑えるための米軍の機能強化、という大義名分がいっぱい通りやすくなるし。

日本の国際的な存在感とかパワーが相対的に劣化しているおかげで、戦前回帰した日本が侵略志向になるぞい、という脅しや警戒感もだいぶ薄れると思うし。

これがグイグイ上げ潮の時だったら米国もやや警戒したかもしれないけどね。

今の日本なら、上がり目のない長期低落傾向の国なら、多少右傾化したところで、それが即国際環境にとって悪影響、というほどのこともない、と判断されるんじゃないだろうか?

だから、国内的には多少なりと過激な感じであったとしても、米国の国益とバッティングしないかぎりは土着の政権の独立性は担保されるんではないかな、と。

 

そんなわけで、妄想だけどこれからの日米関係って

昔の中南米独裁政権とアメリカがめっちゃ仲良しだった感じの関係に落ち着いていくのではないかしら、と思っている。

これまでよりも露骨に従属的なスタイルで行くけれども、国内的にはそれを指摘することが憚られるような緩くて柔らかい抑圧的な雰囲気が出来上がっていく感じ。

 

いい悪いはひとまず措くとして、「米国に対して対等な関係を要求する」という破天荒な挑戦を試みるよりは、こっちのコースの方が老いゆく国家としてはありえる未来じゃないかな、と秘かに自信があったりする。

 

問題はもしも万が一、億が一、覇権交代が起こったらどうなるか、ってことだけどね。

もう一世紀近く米国のみを見て外交を築き上げてきた国家には手に余る問題だろうし、起こらないと思って思考停止しておく。

全体最適と部分最適

強いSE、弱いSEの話を外野から眺めながら思った。

どちらの意見も、はてなブログや匿名ダイアリーの増田やらで極端に振れてるんだと思うが、おもしろい。

丁稚奉公的ななにかであること、を容認するにしても、法定最低賃金と残業規制程度の線は守った方がいいんじゃねえかな、と思ったけど、今ではこれすらも理想論なんだよね。

 

弱いSE、とされる側が現状への不満を表明するにしても、残業はいっぱいあるのだがそれは能力の不足のせいとして残業代も支給されない、みたいな状況ではそりゃあ文句言うよな、って思うのだ。

一方で生き残った強いSE、とされる側が、俺はこの環境でもまれて強くなった。この環境に適応できないお前が弱いだけだし、弱いお前がこうして飯にありつけてるだけマシだと思えよ、という主張も視野狭いけどすごくわかる。

 

つか、皆だいたい自分で一生懸命だしね。

自分が救われてるのなら、それでいいじゃないか、ってなるのは自然。

そこから想像力をもって

「自分は救われてるけど、自分と大して変わらない人が救われてないのは、ちょっと拙いんじゃないか」

って考えられる大人はことのほか少ない。

少なくなった、というほうがいいのかな。

国の成員のマス部分が相対的に貧しくなったおかげで、そういう周りに目を向ける余裕がなくなったし

構造そのものの不備を想像する前に、「自己責任・努力不足」で周りを削ることへのエクスキューズも獲得できた。

 

それが悪いとは言えない。

 

人間はまず何よりも自分が生き残ることが大事であって、「周りの人」のことにかまけていたら自分自身が競争から振り落とされる、という環境であれば、「周りの人」をぶっ飛ばしてでも生きていくことに是非はない。

けっきょくのところこれが分断を生んで、経営やら体制やら、よりおっきいモノにとって都合のいい社会を生みやすくなるのだとしても、そこで個人を責めてもしゃーない。

 

世の中を変えるって、資力と想像力と胆力が必要なんだと思う。

自らを支えるに足る資力。何があってもゆるぎない程度には強いやつ。

周囲への想像力。分断されている水平的関係を超えて、上部の不具合に気付く力。

不正義を正す胆力。味方が一人もいなくても突き進むだけの決意。

 

三つを兼ね備えてる人間なんてめったにいない。

だから不毛な争いは、たぶんずっと不毛な争いのままなんだと思う。

件のネタでいえば、

弱いSEには自身を取り巻く理不尽に気付く想像力があっても資力がない。

強いSEには自身を支える資力はあっても、理不尽に気付く想像力がない。

どちらが良い悪いというのではないが、どちらにも現状を変える力はあるまい。

どうにかしたいのであれば、

弱いSEはまず資力をつけよう。

強いSEは想像力の貧困を自覚しよう。

連帯することは絶対叶わないから、それぞれまず自分を救おう。

自分のガス抜きのために、愚痴った他人をぶっ叩くのもやめよう。

そんなことを思った次第。

 

世の中はすぐすぐ変わるもんじゃないけど、学校教育の段階で若者に

「最賃守れない経営者はアホ」

「残業に関する規制・告知義務を守らない経営者はEvil」

ってのはいっぱい叩き込んでおいてあげるのが大人のせめてもの優しさじゃないのかなあ、ってちらっと考えました。

自己責任論者に言わせれば、それすらも「知らなかったお前が悪い」甘えってことになるんだろうけどね。吾は教育機会を与えないまま「無知であること」を指弾するようなのは、大人と認めたくないのです。

 

丁稚にするにしても、就労者側の無知につけこんで最低線思いっきりブチ抜いてろくでもないことやらかしてる経営者こそがガンってのが等閑視されてるようで、えらいモヤっとしたので書く。

癒える

帰省中、実家で猫と戯れていた時にできたひっかき傷が治りつつある。

手のひらとか、手の甲に傷がついていたので、嫌でもその回復具合を毎日眺めることになるのだが、よくよく考えると不思議である。

血が止まった後最初はうっすらと血の色の線が引かれていただけのところがじわじわ盛り上がっていって、カサブタになっていき、それよりは傷の浅いところのは、線がちょびっと盛り上がるのと同時に、周りの皮がちょっとめくれる感じになる。

大昔に美術館で見た青っぽいキャンバスをペーパーナイフで切り裂いた時の傷口、アレそっくりな感じに皮がめくれてる。痛みは全然ないのだが、これはカサブタと並んで剥がしてみたい衝動に駆られる。

 

我慢しているうちにカサブタも剥がれて、そのあとの皮膚の色が周りよりちょっと濃いめだったり、薄めだったりするんだけど、それもどんどん周りの色と同化してきて、一番最初に治った傷はもう元通りになってしまっている。

 

どうでもいいことだが、結構すごいことだと思う。

メシ食ってクソして寝てるだけで勝手に治るのである。人体マジ有能。

ちょっとした怪我をして勝手に治る、って割に当たり前のように感じてたけど、吾よりはるかに有能な機械やらコンピユータでもこういう自己修復能力ってあんまりないと思うので、なかなか人体とは優れもんではないかと思った次第。

 

機械やら人工知能やらはだいぶ進化してるけれども、こういう「普通に過ごしてたら勝手に治る」能力を獲得するのはきっとまだまだ先なんだろうな、と思うと生命ってやっぱすごいな。

色々と必要な材料をあてがえば自分で自分を修理する機械はままありそうだけども、適当にメシ食ってれば脳みそがそれについて意識しなくてもいつの間にか治ってる、みたいなレベルの機械は吾が生きているうちは出てこなさそうな気がする。

脱け出したいの?

 正月休み利用して読んでた。

戦後入門 (ちくま新書)

戦後入門 (ちくま新書)

 

 

 

日の沈む国から――政治・社会論集

日の沈む国から――政治・社会論集

 

 

だいたいよく分からんかったけどな!

「アメリカの従属国」というリアルに対峙するにはあまりにも辛すぎるので色々屈折した形で「俺たちって独立国だぜ」って演出や装置をいっぱい作ってきたけどそれもそろそろ限界だよね、ってのはまあ分かった。

まだ読みかけだけど、「敗北を抱きしめて」にもなんかそんな風なこと書いてあったような気もする。

 

でまあそこから脱するには、みたいなことを戦後入門の方では書いてあるわけですが、これが何とも言えない。

突拍子がないというか、メルヒェンにすぎるというか、そういう回路があるというのは実例(フィリピンとか)があるというのは了解するけれども、今現在日本に住んでいる人たちの大多数がそういう展開でもってアメリカの軛から逃れるという未来を選択するのかなぁ、という疑問がどうしても拭いきれない。

 

アメリカの属国であることを開き直ることが出来るような時代になったし、今の状況、さらにはよりアメリカと一体化する社会に対していったいどれだけの人が忌避感を持つんだろう? というね。

 

趣味から言えば、著者のいう格好での独立はなかなか良さげやな、と思わなくもないのだけれども、それに至る熱量が国民的な規模で湧き上がるのかい? ってなるとすごい有り得ない感じがして、そこが夢物語感が大きい。

 

いろいろややこしい書き方をしてるけど、

「こうすればできる」

ってのは理屈としてわかるけど、そもそも

「こうしよう」

という気分になるまで気持ちがいっぱい高揚してるのかな、というのが甚だしく疑問。

 

気分としては従属国のままでいいから、ちっこい枠の中でせせこましくガチャガチャやってるのが楽しい、ってのが国民の多数派じゃないのかなぁ、という気がしました。

実際のところはどうかわかんないけどね。

ただ国連を回路として独立を果たす、ということを目指すのであれば、もっともっとめんどくさいことに首を突っ込んでいく覚悟を決めなきゃいけないと思うし、その覚悟が老いゆく日本にあるのかね、となるとまずないだろうな、という感想を持ちました。

 

独立してない、ってのはまあいろんなところ見るとわかるんだけど、独立しないとガチで拙い、という焦りを覚えるほどの危機を感じられないというのも正直なところ。

基地がある街とかだったりしたら、もっと切迫感があるのかもしれないけど。