afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

青二才overheat.

吾はかなり意識していないとすぐに青二才な方向に流れるよな、って痛感する。

厳密な定義はないが

・サンプル極少数→全体に普遍的な「原則」を勝手に見つける、思慮の浅さ。

・発見した原則を全てに適用できると「断言」する、身の程知らずの傲慢さ。

この辺が吾の考える青二才≒思慮は足りないが勢いだけはあるバカ、の定義である。

 

んで。

この個別具体的な目の前のネタを2,3サラッと目を通しただけで

「ああこれってアレじゃん? あれあれ、アレといっしょ」

みたいな類型化、抽象化を図る腐った青二才思考って、実は世間のあちこちに蔓延してんじゃねえのかなって思ったんですよ。

 

これ読んで。

 

いじめを苦に自殺した、ってセンセーショナルに報道された事件、しかしてその実態は、ってのを、関連裁判が全て結審するまでの10年間を追ったルポルタージュです。

 

いじめ自殺、って類型にあてはめてマスコミも、ネットも、そして自殺した生徒遺族も学校を叩きまくってたわけだけども、現実には自殺した生徒の母親の異常な過干渉と虐待が原因だったね、とほぼ認定(学校のいじめは全否定)されたって事件。

 

まあ詳しい経緯は本書読めばわかるんですけど、けっこう気分の悪くなる話がいっぱいなんで端折ります。

この本読んで一番思ったのは、

具体的な事実関係をハッキリしっかりバッチリ把握したわけでもないのに、

「俺、この事件の構造わかりみ」

みたいに一家言をぶつのは実はすさまじいevilだな、と。

ネッツで情報にたくさん接することが出来るようになって、事件のことを手にとるように理解できるようになったと思ってもそいつは錯覚で、どうしたって現場に接してる人間が知ってる実際の事件のありようには触れられないんですよ。

すわ、事件!となってドバドバっとネッツに情報は奔騰するでしょうよ。

けどその情報、すでにおもいっくそ加工されて「生」でもなんでもなくなってますからね。ンで、その加工を行うのがたいていマスメディアの皆さん。

連中の「型にはめた報道」への情熱はこの件に限った話じゃないんで割愛するけど、既にして「事件そのものをゴロっと差し出す」のではなく、

「お茶の間のみなみなさまに分かりみが得やすいように、そしてオレサマの思想信条のバイアスに都合善きように」編集されるのはどうしたって不可避なわけで。

 

そんな風に加工されて提供された情報をどれほど受け取ろうと、「吾、真実に達せり」なんてことあるわけないじゃん。

にも拘らず、ネッツだと「この事件はこうで・・・犯人は・・・画伯!!!!」

みたいなことを本当に平気でやるし、ものすごい安直に乗っかる。

誰がって? 吾がだよ。

他の誰でもない吾が青二才だったよっていうね。

 

けど。

個別具体的な事件を慎重に扱うのではなく、ザラっと見て

これだいたいこういうケース→じゃけん、こういう風に理解すればええやんけ。

って型に嵌まったモノの考え方って、かなり深く社会に根付いてるんだなと痛感します。

ラストの判決の日。

いじめ根絶を目指して活動している団体の面々と、加害者と指弾されたバレー部の監督たちがぐうぜん遭遇します。

団体の面々は、裁判の経緯、自殺した生徒の母の形勢が著しく不利なのを知りません。

ただ、判決の日だけやってきて、自殺した生徒の母を支援しているのです。

そして、長年の裁判を戦ってきたバレー部の監督・関係者を敵視する。

 

リアルのネタだけども、まさしくなんか事件があったときのネッツの盛り上がりもこういうのだよな、と思わずにはいられないです。

ヒトは、自分の見たいものしか見ない。

イッチョカミして気分良くなるためだけに、事件・事故を消費する。

その背後に呻吟苦闘する血の通った人間がいることにまで想像がまったく、まったく及ばない。

信念を持ち、じっさいに活動している運動家なら、まだいくらか弁解の余地はあるかもしれない。

しかし吾なんぞはどうだ?

ただ自分の気分スイッチにちょこっと触れただけで、具体的な事件から適当に拡大して

「これはきっとこういう筋立ての話」

「だから○○(それっぽい当事者)が悪い」みたいに断じてはいなかったか?

クソすぎだろ。棚に上げようがねえよ。

 

 

 

 

吾のアホさ加減にだいぶ滅入ったところではあるんだけども、同時に。

この事件のもう一人の主役、高見澤弁護士もまた

「勝手な自分の考えてる類型に当て嵌めて事件を見てたんで、盛大に見誤った」

人なんです。

この事件の前まではたしかに優秀な弁護士だったんですよ。

香川県香川町(現高松市)の無認可保育園で起こった乳幼児突然死事件で、事故死として処理されていたのを遺族の依頼で調査を開始し、園長が日常的に園児たちを虐待していたことと、園児の死亡の因果関係を証明してみせてるんです。

で、本人も「これでいけるやんけ」っとなって、自殺した生徒の通っていた高校の校長を殺人罪で告訴する、という経緯を辿るんですが、この告訴にいたるまでがとにかく雑、杜撰。

「これってアレ(香川の園児暴行死事件)と一緒じゃん」

って単純に同一視して、その方向に向かって突っ走って破滅してしまったという。

この破滅にいたる展開こそがこの本の白眉かもしれないと思います。

とにかく雑で杜撰で、香川の事件で警察を動かし、いったん事故死で処理されていたものを覆させ、園長の犯罪を立証してみせた優秀な弁護士と同一人物とは思えないほどの醜態を演じている。

断末魔を上げるクライマックスは、本当に見てられない。

弁護士がさ、最高裁判決を無視するんですよ? 元から腐った人間ならともかく、落差に呆然とします。

 

 

吾のように雑な小者ならまだ諦めもつく。けど相応に優秀だった人までが容易く、具体的な目の前の事件を、極端に単純化したパターンに当て嵌めて処理しようとする罠からは逃れられないのだと思うと、絶望が深くなりますね。

 

 

以前読んだこの本の主役の一人、紅林刑事を思い出しました。

彼も晩年に考えられないほど雑な捜査・信じがたい証拠の捏造に手を染めるまではたしかに優秀な刑事だったんですよ。

しかし最後の事件は、自分の臆断そのままに突っ走って証拠を捏造し、自白を強要し、犯人をでっちあげ、冤罪を生み出してしまった。

優秀な弁護士・刑事ですら「自分の見たいものを見る」という誘惑に屈するのに、いわんや小者をおいてをや。

 

青二才はいつも吾の傍にいる。

やっぱさ。

個別具体的な事件を安直に類型化してしまう、他のネタと連関してくっつけてなにか理屈を見いだしてしまうって危険だと思う。

もしそういう理屈を述べ立てたいのだとしても、よっぽど慎重にやらないと拙い。

イヤやらないのが一番だけども。

 

そんな風に思った次第。

 

どんな話でも、突っ込んで話を聞かないかぎり即断するのは危険だよ、というのを教えてくれるいい本です。おススメ。

century color,million color

主題歌変わるタイミングがちょっとおかしくないか、と思っていたが・・・そういう事情があったのですね。

 

西条秀樹の訃報が流れた後、これがホッテントリに入っていた。

togetter.com

 

気になったのでググッた。

絶版だった。

中古で倍ぐらいになってた。

 

 

けど地元の図書館に収蔵してた。ここどういうチョイスしてるのか分からんな。

ので借りて読んでみた。

 

・・・相変わらずトミノ文は読み難い。

そういえば最後まで読み切ったのは「閃光のハサウェイ」だけだったなぁ、などと思い出す。とはいえ、今回は富野と西条のエピソードが読めればいいや、という目的もあるのでその辺はガマンできた。

∀、放映当時は見てなかったから、その頃の人気の推移とか正直よく分からないんですよね。劇場盤見てから原作も見た、というレベルなので、ガノタからすると読みが浅い、ってなるかもしれないけど、ひとまずメモ。

 

∀ガンダムの製作に入る前~製作終了直後、くらいの回想録で、西条秀樹以外にもいろんな職業人との出会いとか、軋轢とか葛藤とか書かれています。上記のまとめでは西条の「いい人」エピソードだけ抜粋されてるけれども、それ以前に富野の持っていた偏見とかコンプレックスとか、そういう下敷きがあってこそ、輝いてくるエピソードだなぁ、と感じました。あんだけ色々おおきな仕事してても、根っこの卑屈さは抜きがたいものがあるんだな、という驚き。

あと、富野と富野父の関係性がだいぶアムロ父子のそれに近いんだなぁ、って思いながら読み進めてたら、後書きでがらっと変わっててちょっと拍子抜け。

ただ、こうした心情の変化を素直に認められるのもまた強さだよな、と思ったり。

そして、富野視点から見たときに、∀の仕事は、ほとんどこだわりを捨てることが全てだったんじゃないかな、って感想を持ちました。

まあ当たってるかどうかは自信がない。

つか富野の書いてることがあっちこっちとぶんだ。

最終的には一つ、結論らしきものには辿り着いてるけど、振り回されて目が回ってる状態なので、自分が富野が連れて来たかった場所に辿り着いてるのかどうか、自信がない。

ただ、全否定するが全肯定する、という∀のテーマを得たことで、富野がふたたび活力を得ているのは伝わってきた。

製作前の陰々滅々たる雰囲気と、不評がありながらも自分自身は手ごたえを感じているところ、とくに最終回直前のコンテを見直すところとか見ると、製作するごとに気力が上がってるのが窺えるような回想になってます。

∀を放映当時から追っていた人なら、きっともっと色んなことが読み取れたんじゃないかと思うと、リアルタイムで見ていなかったのはちょっと後悔。

ただ、あちこちに今でも通用するネタが転がっていて、読んでよかったのは間違いない。中でも作中で富野が孫引きしていた永野治の言葉は、今こそ重い、と感じる。

 

技術は行動であるから、その結果するものについては責任を問われる。技術者は技術自体の持つ論理性だけでなく、文明の担い手としての正負の効果についての見識を持たねばならない。

           日本機械学会誌 昭和57年1月号

        ジェットエンジンに取り憑かれた男」前間孝則著 p660 より

 

から続く言葉は、以前にも増して技術革新の無謬性が大きく喧伝される現状においては忘れてはならない話だと思います。ガジェットなりサービスなり思いついたらそれとりあえず作ってみて、不具合が出たら直せばいいじゃん、先行者利得こそ正義、みたいな態度ってそろそろ不見識だよね、と。慎重に先を見通すってのも大事になるよね、と。

 

あと多分。富野本人の力点を置いた意図とは違うのかもしれないけど、同時にこんな本も借りて読んでたので

 

人間関係は上下関係ではなく、水平の関係でないと上手く動かない、みたいな具体例として∀の製作現場が(富野視点から見て)少しずつまとまりができていく課程が面白いな、と感じました。

 

どちらもお薦めですが、「ターンエーの癒し」の方は絶版なのね。もったいない。

「お前が買わなかったからだ」って富野には叱られそうだけども、再販されたら買うぞ。

 

ある意味これも同調圧力。

割と真面目に。

www3.nhk.or.jp

元記事。

こりゃあ酷い事件であることよのぅ。って思ったけど。

感想はこれ一つだ。

 

「非モテ」ネットコミュニティーに巣くう闇|NHK NEWS WEB

脱出した元インセルの話がすべて。非モテが解消されずとも非モテコンプレックスは克服できる。/ホントに欠落してるものを直視せずに、分かりやすい別の何かに仮託することに慣れすぎ問題。

2018/05/18 14:02

 

 

なんか問題抱えてて、それでアタマん中支配されてる時に

これが充足されれば万事オッケー

っていう視野狭窄になることはいっぱいある。

このときに、自分がコンプレックスだと思ってることがクリアーされても実は何も上手く回りませんでした、ってのもホントーにたくさんある。

けっきょく自分の劣等感に振り回されすぎるのがアウト。

振り回されてる真っ最中には気付きようもないけどね。

 

吾が思うに、

劣等感を刺激する集団・環境の中に身を置いてしまうのが一番のガンなんだよ。

つか、多様性云々ってそういう話じゃなかったの・・・・?

ってのが今回の記事読んで驚いたところ。

 

記事中、インセルに取り込まれたマンのきっかけがさ

もともと内気で人付き合いが苦手だったというこの男性は高校時代、友人たちが次々と異性と交際を始め、性交渉を経験していくのに対し、自分は異性にいくら親切にしても、交際にまで至らなかったことを不公平に思ったと打ち明けました。

って答えてるんだけど。

ここで専門家が、

「じゃそのリア充集団と一緒に居るの止めなさいよ」

 って解を提示できずに、何が「多様性の尊重」なんだろうなぁ、って不思議に感じました。

 

これに比べたら、記事後段の元インセルの告白、

「『あなたの価値は性交渉できるか否かとは関係ない』という考え方をインセルの人たちに知らせることが重要だと思います。女性とデートできない男性がいても、『そういう人もいる、何の問題もない』と伝えるのです。性交渉は、人生の価値を決める大きな要素ではない、そう伝えることがおそらく、インセルに対処する最善の方法だと思っています」

これの方がずっと衝突の回避には有効だと思いますよ。

インセルの問題の場合、「モテない」ってのが問題なんではなく

一定の価値基準が絶対の価値のように流通する環境から疎外されてること

そしてそこ以外に居場所がないこと

こそが最大の問題でしょうよ、って思う。

モテないのは分かったからここから逃げていいですか、って逃げ場所がないから破裂するんじゃねーの?

アメリカンとか、そういう西欧な皆さんはさぁ

ぼっちで居ることへの異常視が当たり前のように流通してる自分たちの価値観

をさ、YOU疑いなよ、ってあらためて思う。

※参考記事

dcdemorouhi.hatenablog.com

これとか他のプロムネタの話とか見るにつけ、集団の同調圧力の激しさは、何も日本に限ったもんではない、つかある意味こっちのが異常だなと痛感します。

 

 

女性叩きに走っててケシカラン! ってのは理屈としては分かる。

まったく正しい。

インセルどもが

「モテって最強」「性交しない奴は人非人

みたいな、支配的価値観に対する異議申し立てをするのではなく、より弱い対象である女性を叩いてすっきりポン! ってのはどう見てもかっこわりぃからね。

歯向かうならいつの間にか自分を縛ってる固定観念に牙を剝け。仮にも男なら。

 

ただ。

そうした支配的価値観を是とするかぎり、確実にそこから落ち零れる奴は出てくるわけで、それを福祉やら治療でどうにかしようと考えるのは悪手。

専門家が

支配的価値観を受け入れさせ、劣位にある自分を受け入れさせること

を対インセル問題の解決策として提示し、有効であると信じ続ける限り、この手の事件はずっと起こり続けると思う。

 

元インセルが、

非モテであることが問題なんじゃない

非モテを無価値と見做して疎外する価値観に縛られてること、それこそが問題

ってヒントを与えてるのに、なんで、

非モテどもに主流派の支配的価値観からの逃走を支援する

みたいな方向を提示できないのかなぁ。

 

多様性は大事なんだよ、って、支配的価値観から疎外された人を救うためにも大事、ってことだと思ってたんだけども・・・専門家の意見が支配的価値観の圧倒的優位なポジションを温存したまま、そこでボロ負けるプレーヤーの退場を許さない(治療・医療でその価値観に留め置く)ってなってるのがすごくキツいな、と思った次第。

 

非モテのコンプレックスを刺激する、拗らせる周囲の環境こそ変わるべき、と要求するのは、吾が非モテ側に大きく肩入れしてるからそう思うわけで、説得力あんまないかもだけども。

それでも、多様性云々と高らかと謳い上げる時代に、まるで空気か水のように無条件の前提として構成メンバーに受け入れさせている支配的価値観の存在って、そぐわないと思うんだよな。

ホントに自分が求めているもの、欠落してるものを直視せずに、既に用意されてる「お前に欠けてるのはこれだよ」って対象を仮託できるのも

「それにしたがっておけば安牌」って価値観があるから

「自分で考えなくて済む」というのが大きいんじゃないだろうか、と考えています。