afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

ピザ。

(この行を消して、ここにピザのエピソードを書いてください)

※先に書いておきます。

どちらかというとdisですっていうか何か書くとこのブログだいたいDISですよね、書く人の性格が滲み出ててジッタリしててヤな感じですがまあこのブログはオーナーフレンドリーなので勝手に書く。

 

別にピザが食いたいわけじゃないけどこのCM見て思ったんすよ。

www.youtube.com

 

AIに解析させる前に味だの匂いだの数値化すればいいのに、って。

CMの内容ぜんぜん関係ない。

たぶんそんなことを考えたのは、間違いなくこの本のせいだな。

 

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

 

 

ピザじゃなくて牛乳の話だけどな。

牛乳の味わい論争は割と昔からやってるけど

高温殺菌推しメンの

「にほいが変? それは個人の好みですから(へらり」

っていうセリフに著者めっちゃ静かにイラついてるのが印象的。

んで、

 

「そういうふわっとした事に説得力あると思ってんのか

それよりむしろ味覚検定だの嗅覚検定だのやればいいじゃん、天下り団体作って!!!

学者なんだろアォオン?」

 

みたいなことを言ってた(上記は読後のイメージであり、本の記述そのままではありません)。

そのイメージが残ったままだったんで、上記のCM見たときも

「ははぁん、AI解析っつーくらいだからきっと、時代はそこまできたんやな」

(※この本は8年ほど前に出版されたものです)

「まあ匂いも味も、数値か出来ないわけないよね偉い学者さんなら」

 

って思いながら再生してみたら・・・そういう判定かよ、って。

ちょびっと肩透かし。

どうもいけませんね、最近仕入れたネタをそのまま雑に連想してくるの。

まるで鳥みたいだ。

けど数値化できたらきっと面白いよな、

「個人の好みではない、オマエの味覚は人として軸がぶれている

みたいにAIに判定されちゃう時代が来ると、グルメサイト死屍累々ってなりそうでそれはそれで見てみたいな、って。

 

以上ピザの販促とは微塵も関係のないブログでした。

けどこういうキャンペーンって太っ腹よな。

吾のように捻くれた人が微塵も関係のない話ぶち込んできてもOK牧場なんだから。

AIはむしろ

「該エントリは販促に有害、もしくは無効。よって公開不可です」

って判定に活かしたらいいのではないか。

すでに試しに動かすくらいはやってるかな?

 

はてながんばって実装してみて下さい。

 

さておき。

判定回避のために最後にちょびっとだけピザ書くとうちの近所(というほど近所でもないが、まあ歩いていけないこともない距離)に、ピザの自販機がある。

気になってるが通るたびに割と人が並んでいる。

ちゃんと焼けるいい匂いがしてて不思議なもんだなぁ、と思ってる。

 

流行って配達と競合するくらいになると面白そうですね。

 

무지와 빈곤은 인류의 대죄

タイトルはある劇画の〆のセリフ。*1

 

「世界はまだまだ驚きに満ちている」

「お前がただモノを知らなすぎるだけ」

 

そんなことを思い知らされた休日。普段からどうでもいいことを垂れ流しているブログだが、今日のエントリは過去最高にどうでもいいことだと思う。

それでも吾にとってはかなり衝撃だったのでメモっておく。

*2

 

anond.hatelabo.jp

b.hatena.ne.jp

 

最初は「何言ってんだこのバカ」って眺めてました。

けどよく見るとヒントが埋め込まれているのですね。

 

サイレンススズカを「ススズ」

セイウンスカイを「ウンス」

 

サイレン「ススズ」カ。

セイ「ウンス」カイ。

 

アラ、ア、アララァ?

 

ひょっとして、まさかと思うが増田(ますだ)って

 

Anonymous Diary

アノニマスダイアリー

あのに「ますだ」いありー

 

ってことだったの!?

って気づいた時の衝撃。

おもわず「あぁ!」って声が出てしまいました。

 

今までぜんぜん気づかなかった。ガチで。

吾はてっきりふたば(どぶの匂いが漂う生まれたての掲示板です♪)で暴れてた荒らしの子が「としあき」を名乗っていたので「ふたば≒としあき」みたいなネッツの隠語だろうな、って思ってたんですよ。

きっとはてな匿名ダイアリーも黎明期に「増田」と名乗って荒らしまくったレジェンドクラスのがいて、それで匿名ダイアリーのユーザーまるごと「増田」って呼ばれているんだろうな、と。そう信じて疑いもしなかったよ。今になって振り返れば滑稽すぎる思い込み。さっき気付いたばかりなので、まだちょっとダメージが残っている。

 

書き出してみるとたいへん恥ずかしい勘違い。

良かった人に言わなくて。

知らないことをしたり顔で言うとマジで怪我しますダメゼッタイ。

 

昔なじんで入り浸っていた酷い慣習にまみれたサイトのルールが「普遍的なもの」だと思い込んでしまうこの短絡脳のポンコツさ加減ときたら。

吾ながらあらためて呆れる。ヤバいよこれ。

先入観や偏見で理解している(と思い込んでいる)ものは、自力では気付きようがないものだと痛感した次第です。

 

この脳味噌の理性を信じてはいけない。今日の教訓でした。

*1:・・・こんなだったっけ? ちょっとうろ覚えなので違うかもしれない。

*2:てか、今書きながらちょっと不安になってきたんだけど、過去にも一度「そうだったのか」って驚いたことがあったかもしれない。昔のことを忘れるのがすごく早くなってきているので、些細なことでも書き留めておかないといけない、という強迫感もあって今こうして書いている。もっとも、書いたところで見返すことはないので、また似たようなエントリをあげることになりそうではあるが、そこは気分の問題。吾がそれでスッキリすれば当面は良しとする。

だろうが一番、かもしれないは二番。

 

信号待ちトラックの車体に潜り、ひかれる 11歳男児死亡(産経新聞) - Yahoo!ニュース

子供でもなかなか珍しいかもしれない。/が、エスカレーター前見ずダッシュのゴミ大人も幾らでもいるので「思い込んだら周りが見えなくなり危険予知力ゼロになるクソい脳の仕様」は克服できない人って多いのかも。

2018/12/08 23:34

 

記事だけ読むとうわスゲえバカ、って思うけど、ちょっと考えると別段そこまでバカでもないのよな。

この子供が追っかけたものがボールなのと、

急いでるゴミのような大人が追いかけてるものが時間なのと、

まあ重さは違うんだろうけど、目前のなにかを追いかけるあまり、周りが見えなくなるのは一緒だよな、って。

大人子供関係なく。

大人はたまたま経験と蓄積が多いだけなんじゃないか?

(それが大いなるアドバンテージになってるのはその通りだとしても)

 

エスカレーターをものすごい勢いで駆け下りる人間も、それはたまたま

周りとぶつかってこけたりこかしたりした経験がなかったから

「ぶつかったことないし相手が避けてくれる」って悪い意味で学習しただけだったりするだろうし。

この子供も、たまたま

潜る→ボールゲット→始動前に脱出

って成功して「別に危なくない」と悪い意味で学習したのかもしれない。

 

 

大人だろうが子供だろうが、人のこと馬鹿に出来るほど危機をきちんと予想しながら動けてる人間だけが、「子供は~」って言えばいいと思う。

 

アクロバティック予想外なアクションで大人をヒヤリハットさせるお子様はウジャウジャいますけども。

ふだんの大人の行動も褒められたもんではなく、単に見慣れてるからそのヤバさに鈍くなってる、ってあると思います。

 

大人は経験と学習によって対応できるシーンが拡大してるだけで、危険を察知する生来の本能的ななにかは、大人も子供も変わらん気がしている。