afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリ

NO TRAINING,NO LIFE

レックは今もグレッグ・レモンに嫌がらせしてるのかなぁ?

もう時効切れたかな?

 

それはさておき「疑惑のチャンピオン」見てきた。

いつも思うんだけど海外の映画って平気で俳優さん体型変えてくるよね・・・

あれのほうがむしろドーピングじゃねえのかと。

バランスの悪いマッチョ→ガン→細マッチョ

はっきり分かるくらいに体型変わってるからすごい。

どんくらい撮影期間あったのかわかんないけどこれは大変なことですよ。

 

閑話休題

 

結論から言うとキタナイ。

チャリンコ業界めっちゃキタナイ。

 

フロイド・ランディスの告発前に「クスリやってる」って告発した選手が居たんだけどさ

これがスタート直後くらいの集団のなかでまずランスに恫喝されて、それから次々と現れる選手たちに次々と脅されて小さくなっていくのがもうね・・・。

ランスだけワルモンにして逃げ切ろうとしたんだろうけど

(じっさい、ランスが魔王レベルだったのは間違いないんだろうけど)

UCI(国際自転車連盟)も含めて自転車を取巻くすべてのアクターがグルになってたってことがここで露骨に表現されててダメだった。

 

じっさいランス奇跡の復活劇のあとで自転車業界に流れ込むゼニが途方もなく増えたので、それを背景にランスのドーピングを握りつぶすことに加担しちゃったんやね。

ランスが作られた英雄だってばれたら商売上がったりだからね、しょうがないね。

しかしUSADAには通用しなかったんやな・・・

一回目の疑惑についてはギリギリ逃げたんだけど、フロイドの証言で逃げ切れなくなったところが映画のクライマックスでした。

「俺の人生はトレーニングだ」って言ってたランスが辛い・・・。

 

なんというか・・・

ガンになる前にいっぺん、マイヨジョーヌをゲットしてたことが、ランスを狂わせたのかなって思ったよ。

敵が自分自身なら、ガンの後、かつてのキャリアハイを更新するってことで満足できた人生かもしれないねって。

そしてたぶんそれはとても素晴らしい人生だったんではないかなぁ、と

とはいえ、その闘病前のマイヨジョーヌも、ミケーレ・フェラーリに相談しに行って「肉のバランスが悪い、帰れ」って言われた後に自己流ドーピングしてゲットしたを考えると、ランスはああなるしかなかったのかな、とも。

 

見終わった後思ったこと。

資本主義コンテンツとしては最高の素材だったな、と思いました。

一介の名もないプレーヤーがガンというイベントを克服する感動ストーリー

そこから奇跡の復活を遂げ、前人未到の快進撃を果たすというアメリカンミラクル

誰も手を触れることの出来なかったチャンプの凋落という暗いカタルシス

 

大衆が食いつく素材が揃いまくってて、これはどう弄っても儲かるネタだね。

一粒で二度も三度もおいしすぎるじゃねーか。

(現にランス絶頂とランス凋落で映画2本作れてるし)

ランスはその美味しいネタのキャストにたまたま嵌まり込んだだけじゃないか? と思うとなんとも切なくなります。

同時履行の抗弁権

留置権の違いでしばらく立ち往生。

大雑把に言うと

同時履行の抗弁権は

「お前が払わんのんなら商品は渡さんわ」

って奴で

留置権

「おう修理代金払わんのんなら(修理するために)預かったブツは返さんけえの」

って奴らしいのだが・・・どっちも一緒じゃねえ? って。

留置権で相手に渡さずに置いてあるブツは赤の他人(第三者)に渡してもOK

(カネ払わない奴の許しがあれば、とか条件はつく)

だけど

同時履行の抗弁権で相手に渡さず手元においてある奴は他人に渡しちゃNGらしい。

説明文を読めばなんとなく分かるんだ

その商品を買った相手はカネ払ってない奴一人なんだから、その対象となったブツは

他人に渡しちゃアカンやろって。

ただそれじゃ何で留置してるブツはOKなんだ? というのがどうもしっくりこない。

たとえば

修理業者にクルマの修理頼んで金を払ってない男が居て

そいつが「カネ払えないから誰かに使わせてやってええんやで。その分のリース代から修理費引いてチョー」

って言うのはOKになるらしい。

うーん。分かるような分からんような?

そういうものなんだって割り切るしかないのか?

 

民法はまだ身近な話題についての話だからいいけど

これが会社法やら不動産登記・商業登記になったら想像の及ばん世界になりそう・・・

困ったもんやね。

にゃんこ先生

フルシーズン丸いよね。

うちでは人間もそうなのだが、夏になるとネコも痩せる。

たぶんボロ屋のせいで冷暖房が非常に貧相なため、冬は脂をたくさん身にまとって防衛するし、夏場は脂を落として余計な汗が出るのを押さえるからだと思う。

そうはいっても人間は標準体重を上回る体型を維持しているのだが、にゃんこはヤバい。顔がシュッてなる。

大げさな言い方をすると冬場は本格派の和猫なんだけど、夏の盛りになるとペルシャ猫みたいになってる。

あと水風呂に漬けたらしばらく出たがらない。ネコのくせに。

脚も細くなる。加齢によるものかと思って心配した時期もありましたが普通に夏になると痩せるみたいです。

抱きあげた感じ、冬はふっくらしてる胴回りが、アバラがハッキリするくらい痩せてたりして人間よりもずっと体重の変動が大きいんだけど、毎年元気なもんだなぁと思う。

太る→痩せる→太るのサイクルを繰り返してると体に大きな負荷がかかってるんじゃないのか、って思うけど本人はいたって元気そうなのでにゃんこって強いなぁと思います。

空調入れてもよほどの事がなければ、空調効かせてる部屋に留まることもないし、暑くて耐えられなさそうに見えても、けっこうしのげてるのかもしれない。

にゃんこって不思議。

人間である僕も、夏場はこれくらいシュッとなったらいいなぁってちょっと羨ましかったり。

けどシュッとなると体毛もガサガサって抜けるので、それは真似したくないな・・・

髪は大事にしないと。

こころの脱柵

ほとんど誰も読んでいないのだからいかなるジャンルについても書いてよさそうなのだが、そこを躊躇してしまうのは

ある種の話題について語ることそのものをなんだか鬱陶しいという風に感じているのが大きいと思う。

個人ならばそれで問題ないのだけども、集団として

「これらの話題に触れるのはかっちょよろしくないね」となるとその反動として

無軌道に触れきった話題の振り方をするマンが現れて

「かっけえ!!」って勘違いされちゃったりするんじゃないかなって。

というわけで、個人でも集団でも、ちょっとしたうざったさを乗り越えて、今まで語れなかったことを語ってみようじゃないか。

ひとまず僕は最近の調子のよさに便乗してカープについて書きたいと思う。

いつの間にか強くなったなぁ・・・

 

リアルでは割と話題になってるのだが、あまり関心がない風を装ってるんだよね

いちおう有名どころは知ってるくらいの反応で「特に応援してるわけではありませんよ」って体で輪に入ってます。

熱狂的(というほどでもなくても)だったりするとお互いの贔屓チームの話でギスギスしちゃったりするからね、しょうがないね。

こういう時の話題の振り方はどこまでOKでどこからがNGなのかを探り合うためにも、普段から会話はしておいたほうがいいなと思った次第。

みんな当たり障りのないところで上っ面をなぞってる感じなんだけど、2,3人で話し出すと途端にマニヤックになる。

それが複数人続くと、「もう普段から集まってるときにも話しなよ、きっと盛り上がるよ」って思うんだけど・・・おたがい腹を探りながらつかず離れずってのは処世術として染み付いてるんかなぁって感じました。

 

優勝できるといいね。

僕は1軍で塹江が見たいです。夏バテするPが居たら入れ替えていいと思うんよ。

 

孤立

勉強する気が起きなくてダラダラ妄想。

共産趣味ってどうやったら定着したのかな、

どういうセカイならああいうのが通用するのかなって。

別にそれが理想社会ってわけじゃないけどあったら面白そうじゃないかくらいのノリで考えてみた。

アレはたぶん、労働者が労働者としてちゃんと社会から切断されて孤立してなかったのがまずかったんと違うかと。

労働者というポジに立ってはみたけど

同時に誰かの父親だったり、誰かの旦那だったり、誰かの息子だったり、

そんなしがらみがたくさんくっついてるので、労働者独裁に一心不乱に溶け込むにはまだまだ捨てられないものがめちゃくちゃ多かったんではないかと思うのです。

ではどうやったら、そういう孤立しきった共産趣味を支えるような労働者を作れるのか?

まず親子関係という人間関係の最小単位をぶっ壊します。

これで息子ポジを破壊。

ついで誰かと一緒になるという夫婦関係の構築を阻止します。

これで旦那だったり父親だったりというポジを破壊。

さらに他人から迷惑をかけたりかけられたりという接触はめんどくさいので

「自力で立てない奴は迷惑・社会の邪魔」って意識を向上させます。

これで地域社会とか、親等の遠い血縁のつながりとか、そういうヌルい紐帯も破壊。

 

ここまでやったらパーフェクト孤立プロレって奴が出来るのと違うだろうか?

どれも壊すのは難しそうだが・・・新自由主義が行けるとこまで行ったらやれるかもしれない。

教育医療福祉といったゼニカネで図るもんじゃないだろ?って暗黙の了解があったところにもっとガンガンに新自由思想を詰め込んでいってさ

 

教育? ご両親や地域社会や素人に毛の生えた教員に任せるのはNGです!

教育ビジネスで切磋琢磨したプロフェッショナルな私たちにオファーしてください!

お金はかかるけど働けばええやんか。払えなければ自己責任やんか。

 

医療? ご家族やヌルい同胞意識の連帯で機能する保険とかに任せるのは(ry

(中略)

お金はかかるけど働けばええやんか。払えなければ自己(ry

 

福祉? ご家族(ry

(中略)

お金はかかるけど(ry

 

こんな勢いで、どんどん「カネの媒介しない人間の共生関係」を寸断していけばカネを得る方法を労働に頼るほかない人々をパーフェクト孤立に仕立て上げることが出来ると思うんだ。払えない奴は自己責任でポーイ。

そうして地均しが済んだところで、全員なんら他の属性をまとってない

誰の父親でもなく、誰の旦那でもなく、誰の息子でもない、ただの労働者となった人々の群れが

バンコクの労働者よ団結せよ!!」

って掛け声に呼応して共産趣味を実現するというシナリオなら、どうか?

かつてあったような、いろいろ立場があるけどおおざっぱにくくった時に、その方向は賛成だよ、みたいなユルんだ革命ではなくなると思う。

みんなもう「労働者」って言うラベル以外の属性もってないし、同質性もかなり高くなってる。

こういう集団からなら、集団を前提とした独裁指導体制を敷いても「個々の自由」を訴えて軋轢が生じる可能性も薄いと思うんよね。

 

人間集団というよりアリとかの集団みたいな感じになっちゃうけど、そういうくらいの一体感を構築しないと共産趣味って成立しない気がする。

いや待て、アリでも二割は働いてない奴が居るというから、それはちょっと異質感があるな。

そのレベルの異質感も排除できるくらいにアリよりもアリらしい人間の群れでないと安定した共産趣味は無理かも。

神話持続期間

アンチキリストの話をざっと読んで思ったんだが処女懐胎ってそんな珍しい話型なんかなって。

そう思って見るとそういや

仏教の教祖は王子様やし、イスラムの教祖もボンボンやったな・・・

両方とも父親と母親おるわ。そう思うとなんでキリストだけ

「おめーは夫婦の息子じゃねーから!!!」って設定にしたんだろうな?

オスメスつがって子供を作る、ごくごく当たり前の自然を否定して性をいかがわしいものに落としたキリスト教はクソ

ってニーチェさんは言ってたそうなのだが

そもそもなんで母親一人でも(神様がおれば)子供できるやでって思いついたのかが良く分からん。

イエスを他の人間とは違うイケテる神格をまとった人間にしたかったから?

性に奔放なように見える既存の神様群と差別化したかったから?

外人さんの考えることは謎に満ち満ちている。

 

それはさておき。

「セックスで生まれる子供は神としてNG」みたいな風潮でもう2000年くらい生きてるわけだが、それ以前のカミサマ観を持ってた人たちの歴史はどれくらいだったんだろうか?

ギリシャ神話とか主にモラル面でメチャクチャなレベルやけど「ああいうカミサマもアリ」って意識で生きてきた人たちの歴史とキリスト以降の歴史、どっちが長いんだろうね。

カッチリした教義体系ができてからの期間はどんくらいのもんか知らないけど、古い時代から祖形は変わってないみたいなんで「まず創造神がおって、それが地上に顕現した(人間に見える形になってる)神様もパパとママの子やで」という認識の時代のほうが人類の歴史としてはたぶんずっと長いと思われる。

とすると・・・「神様は処女から生まれるから神様」みたいなキリスト教信仰って2000年続いてるけどけっこうなカルトなんかなーって。

世界宗教になってる各種のブツだってそりゃ登場当時はカルトだけど・・・煩悩とか性欲の類を禁忌にする宗教は多かれど、生殖そのものに対するタブー感があるのはキリスト教くらいのもんじゃないか、これ教義の根っこそのものがぶっちぎりにカルトなんと違うかなぁ? とぼんやり思いました。

 

他にも処女から生まれた開祖みたいなの居たら見てみたいんやな

内縁の妻

テキスト読みながらちょっと不満がたまるんやで。

過去問持ってればすぐ分かるんやろうけどあいにくまだ持ってない。

(H22-23 ウ)ね

 

被相続人の内縁の妻が、被相続人の死亡後も、被相続人と同居していた相続財産である建物に引き続き居住している場合には、その内縁の妻は、その建物の所有権を取得した相続人に対し、その建物について賃借権を主張することが出来る」

ってヤツ。

 

答えは ×(出来ない)

なぜなら内縁の妻は法定相続人じゃないので。

賃借権は相続人が承継するんやで、って話なんだけどさ・・・

問題文には「被相続人と同居していた相続財産である建物」ってあるだけで

その建物が

「内縁のダンナが賃借していた借家」なのか

「内縁のダンナの持家」なのか判然としないんやな。

 

問題文だけ読んだ時は

相続人が被相続人(内縁のダンナ)に代わるオーナーになったから

引き続きその家に住みたい内縁の妻はオーナーになった相続人に

「この家はアタシが借りるんや!!」って賃借権を主張したってことなのかな?

って思って、○(賃借権を主張できるよ)したんよね・・・大間違いでした。

 

学習が足りないせいもあるのだろうけど、回答の短い解説読んだときは

「相続人は所有権を相続しました」ってことはこれ、被相続人の持家って意味じゃないんかい?

って疑問が湧いたり

「回答どおりならこれ相続人は所有権と賃借権を同時に承継したってことで

つまり賃借人という奴は「所有権」と「賃借権」を両方持ってるってことなんかい?」

って疑問が湧いたり。

 

たぶんこれ正誤問題ではなく「選択肢の中から正しい肢を選べ」とかって系列の中の一つの肢だったんだろうけど、そうなると本文に「持家」か「借家」かの明言があったと思うんだよね。

そこをスコッと抜いて肢だけを取り出されても、ちょっと混乱するなぁと思った次第。

内縁の妻は「そもそも内縁のダンナから法定相続できるものがねえ」という大前提をキッチリ抑えておかないとすぐ勘違いしてしまう。

 

アカン。

アカンで、としくん。

独学やってるとテキストで疑問が湧いたときに答えが出ないのが辛すぎるで、としくん。

とりあえず過去問の解説が充実してる問題集を買ってきたほうがええのかも分からんね。