afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

NO TRAINING,NO LIFE

レックは今もグレッグ・レモンに嫌がらせしてるのかなぁ?

もう時効切れたかな?

 

それはさておき「疑惑のチャンピオン」見てきた。

いつも思うんだけど海外の映画って平気で俳優さん体型変えてくるよね・・・

あれのほうがむしろドーピングじゃねえのかと。

バランスの悪いマッチョ→ガン→細マッチョ

はっきり分かるくらいに体型変わってるからすごい。

どんくらい撮影期間あったのかわかんないけどこれは大変なことですよ。

 

閑話休題

 

結論から言うとキタナイ。

チャリンコ業界めっちゃキタナイ。

 

フロイド・ランディスの告発前に「クスリやってる」って告発した選手が居たんだけどさ

これがスタート直後くらいの集団のなかでまずランスに恫喝されて、それから次々と現れる選手たちに次々と脅されて小さくなっていくのがもうね・・・。

ランスだけワルモンにして逃げ切ろうとしたんだろうけど

(じっさい、ランスが魔王レベルだったのは間違いないんだろうけど)

UCI(国際自転車連盟)も含めて自転車を取巻くすべてのアクターがグルになってたってことがここで露骨に表現されててダメだった。

 

じっさいランス奇跡の復活劇のあとで自転車業界に流れ込むゼニが途方もなく増えたので、それを背景にランスのドーピングを握りつぶすことに加担しちゃったんやね。

ランスが作られた英雄だってばれたら商売上がったりだからね、しょうがないね。

しかしUSADAには通用しなかったんやな・・・

一回目の疑惑についてはギリギリ逃げたんだけど、フロイドの証言で逃げ切れなくなったところが映画のクライマックスでした。

「俺の人生はトレーニングだ」って言ってたランスが辛い・・・。

 

なんというか・・・

ガンになる前にいっぺん、マイヨジョーヌをゲットしてたことが、ランスを狂わせたのかなって思ったよ。

敵が自分自身なら、ガンの後、かつてのキャリアハイを更新するってことで満足できた人生かもしれないねって。

そしてたぶんそれはとても素晴らしい人生だったんではないかなぁ、と

とはいえ、その闘病前のマイヨジョーヌも、ミケーレ・フェラーリに相談しに行って「肉のバランスが悪い、帰れ」って言われた後に自己流ドーピングしてゲットしたを考えると、ランスはああなるしかなかったのかな、とも。

 

見終わった後思ったこと。

資本主義コンテンツとしては最高の素材だったな、と思いました。

一介の名もないプレーヤーがガンというイベントを克服する感動ストーリー

そこから奇跡の復活を遂げ、前人未到の快進撃を果たすというアメリカンミラクル

誰も手を触れることの出来なかったチャンプの凋落という暗いカタルシス

 

大衆が食いつく素材が揃いまくってて、これはどう弄っても儲かるネタだね。

一粒で二度も三度もおいしすぎるじゃねーか。

(現にランス絶頂とランス凋落で映画2本作れてるし)

ランスはその美味しいネタのキャストにたまたま嵌まり込んだだけじゃないか? と思うとなんとも切なくなります。

同時履行の抗弁権

留置権の違いでしばらく立ち往生。

大雑把に言うと

同時履行の抗弁権は

「お前が払わんのんなら商品は渡さんわ」

って奴で

留置権

「おう修理代金払わんのんなら(修理するために)預かったブツは返さんけえの」

って奴らしいのだが・・・どっちも一緒じゃねえ? って。

留置権で相手に渡さずに置いてあるブツは赤の他人(第三者)に渡してもOK

(カネ払わない奴の許しがあれば、とか条件はつく)

だけど

同時履行の抗弁権で相手に渡さず手元においてある奴は他人に渡しちゃNGらしい。

説明文を読めばなんとなく分かるんだ

その商品を買った相手はカネ払ってない奴一人なんだから、その対象となったブツは

他人に渡しちゃアカンやろって。

ただそれじゃ何で留置してるブツはOKなんだ? というのがどうもしっくりこない。

たとえば

修理業者にクルマの修理頼んで金を払ってない男が居て

そいつが「カネ払えないから誰かに使わせてやってええんやで。その分のリース代から修理費引いてチョー」

って言うのはOKになるらしい。

うーん。分かるような分からんような?

そういうものなんだって割り切るしかないのか?

 

民法はまだ身近な話題についての話だからいいけど

これが会社法やら不動産登記・商業登記になったら想像の及ばん世界になりそう・・・

困ったもんやね。

にゃんこ先生

フルシーズン丸いよね。

うちでは人間もそうなのだが、夏になるとネコも痩せる。

たぶんボロ屋のせいで冷暖房が非常に貧相なため、冬は脂をたくさん身にまとって防衛するし、夏場は脂を落として余計な汗が出るのを押さえるからだと思う。

そうはいっても人間は標準体重を上回る体型を維持しているのだが、にゃんこはヤバい。顔がシュッてなる。

大げさな言い方をすると冬場は本格派の和猫なんだけど、夏の盛りになるとペルシャ猫みたいになってる。

あと水風呂に漬けたらしばらく出たがらない。ネコのくせに。

脚も細くなる。加齢によるものかと思って心配した時期もありましたが普通に夏になると痩せるみたいです。

抱きあげた感じ、冬はふっくらしてる胴回りが、アバラがハッキリするくらい痩せてたりして人間よりもずっと体重の変動が大きいんだけど、毎年元気なもんだなぁと思う。

太る→痩せる→太るのサイクルを繰り返してると体に大きな負荷がかかってるんじゃないのか、って思うけど本人はいたって元気そうなのでにゃんこって強いなぁと思います。

空調入れてもよほどの事がなければ、空調効かせてる部屋に留まることもないし、暑くて耐えられなさそうに見えても、けっこうしのげてるのかもしれない。

にゃんこって不思議。

人間である僕も、夏場はこれくらいシュッとなったらいいなぁってちょっと羨ましかったり。

けどシュッとなると体毛もガサガサって抜けるので、それは真似したくないな・・・

髪は大事にしないと。