afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

孤立

勉強する気が起きなくてダラダラ妄想。

共産趣味ってどうやったら定着したのかな、

どういうセカイならああいうのが通用するのかなって。

別にそれが理想社会ってわけじゃないけどあったら面白そうじゃないかくらいのノリで考えてみた。

アレはたぶん、労働者が労働者としてちゃんと社会から切断されて孤立してなかったのがまずかったんと違うかと。

労働者というポジに立ってはみたけど

同時に誰かの父親だったり、誰かの旦那だったり、誰かの息子だったり、

そんなしがらみがたくさんくっついてるので、労働者独裁に一心不乱に溶け込むにはまだまだ捨てられないものがめちゃくちゃ多かったんではないかと思うのです。

ではどうやったら、そういう孤立しきった共産趣味を支えるような労働者を作れるのか?

まず親子関係という人間関係の最小単位をぶっ壊します。

これで息子ポジを破壊。

ついで誰かと一緒になるという夫婦関係の構築を阻止します。

これで旦那だったり父親だったりというポジを破壊。

さらに他人から迷惑をかけたりかけられたりという接触はめんどくさいので

「自力で立てない奴は迷惑・社会の邪魔」って意識を向上させます。

これで地域社会とか、親等の遠い血縁のつながりとか、そういうヌルい紐帯も破壊。

 

ここまでやったらパーフェクト孤立プロレって奴が出来るのと違うだろうか?

どれも壊すのは難しそうだが・・・新自由主義が行けるとこまで行ったらやれるかもしれない。

教育医療福祉といったゼニカネで図るもんじゃないだろ?って暗黙の了解があったところにもっとガンガンに新自由思想を詰め込んでいってさ

 

教育? ご両親や地域社会や素人に毛の生えた教員に任せるのはNGです!

教育ビジネスで切磋琢磨したプロフェッショナルな私たちにオファーしてください!

お金はかかるけど働けばええやんか。払えなければ自己責任やんか。

 

医療? ご家族やヌルい同胞意識の連帯で機能する保険とかに任せるのは(ry

(中略)

お金はかかるけど働けばええやんか。払えなければ自己(ry

 

福祉? ご家族(ry

(中略)

お金はかかるけど(ry

 

こんな勢いで、どんどん「カネの媒介しない人間の共生関係」を寸断していけばカネを得る方法を労働に頼るほかない人々をパーフェクト孤立に仕立て上げることが出来ると思うんだ。払えない奴は自己責任でポーイ。

そうして地均しが済んだところで、全員なんら他の属性をまとってない

誰の父親でもなく、誰の旦那でもなく、誰の息子でもない、ただの労働者となった人々の群れが

バンコクの労働者よ団結せよ!!」

って掛け声に呼応して共産趣味を実現するというシナリオなら、どうか?

かつてあったような、いろいろ立場があるけどおおざっぱにくくった時に、その方向は賛成だよ、みたいなユルんだ革命ではなくなると思う。

みんなもう「労働者」って言うラベル以外の属性もってないし、同質性もかなり高くなってる。

こういう集団からなら、集団を前提とした独裁指導体制を敷いても「個々の自由」を訴えて軋轢が生じる可能性も薄いと思うんよね。

 

人間集団というよりアリとかの集団みたいな感じになっちゃうけど、そういうくらいの一体感を構築しないと共産趣味って成立しない気がする。

いや待て、アリでも二割は働いてない奴が居るというから、それはちょっと異質感があるな。

そのレベルの異質感も排除できるくらいにアリよりもアリらしい人間の群れでないと安定した共産趣味は無理かも。