afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

いいえ、あなたたちは知っていた。

mubou.seesaa.net

 

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

まあ子供いないからわかんないんだけどね。

別にロジックでそれを否定してるわけじゃないんだよな。

むしろよほどエモい理由。

 

優生保護法のこれもなんだけどさ。 

「混血児」の戦後史 (青弓社ライブラリー)

「混血児」の戦後史 (青弓社ライブラリー)

 

 家族や子供という『錦の御旗』を手に入れた時に自分が他者にどのように害をなすことになるのか、というのを考えると恐怖しかない。

甥や姪であってすら

「他所の子より優先するの当たり前やん」

「他所の子の幸せよりは、この子らの幸せ願うかな」

ってナチュラルに考える程度には酷薄。

 

それでも、余裕があるうちはいいんだろ、たぶん。

けど余裕がなくなって、限られた資源を他人と仲良くシェアしなさい、となった時に

「いいや俺の係累こそ優先されるべきだね」

ってムーブ起こす自分がありありと目に浮かぶので厭。

 

子どもを優先するのは、圧倒的に正しい。

生物として間違いなく正義。

 

だからこそ厭。

自分という人間の性根の卑しさを思うとね、その正義に乗っかって暴走するのがすごい容易に想像できる。

あるいは子供を得ることで何か人間革命的なことが起こるのかもしれんけど。

 

今の俺なら

「おれの子大事やん」

って人を裁量して

「こいつは赦す、こいつはアウト」

ってやる。そうやって人のパイを奪う。

んで、後にその人でなしなムーヴに非難が集まったら

「家族を守るためやん、俺頑張ったんやで!」

ってぜったい言う。間違いない。その程度には性根がクソ。

 

他の路、ひょっとしたら他者も自分も救いうるかもしれない道をろくに探しもせずに、安楽に流れて他者を踏みつけぶん殴っておいて、その振舞いをした自分自身の責任を逃れて

「あの時はああするしかなかったんです、家族のためなんです」

みたいに振る舞うの。

 

まあ卑劣である。

卑劣であることをそこそこ自認している自分から見ても聳え立つクソである。

こうはなりたくないね、と。

ぜんぜん合理的でもロジカルでもない。

ただ「厭だなそんな自分」って思うだけ。

ネガティブに考えすぎやろ、って自分で思わなくもないけど、心の余裕も経済的なバッファも人並み以下なんで、そんなにズレた予想図でもない気がしている。

 

正しさに夜郎自大する卑しさを自認するから、正しさからは距離を置きたい。

正義を行使する側になった時、自制できるほど自分は強くない。

そんな感じ。