afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

これはけっこうのぞんで手に入れた未来だと思いますよ。

前にもなんか似たタイトルで書いたな。まあいいや。

いっぱい忘れてるっぽいので、備忘的に置いておくっす。

 

www.nikkei.com

 

他にもいろんな関連記事があって、世代間格差とか老人票の与党への偏りとかへの怨嗟のブクマがいっぱいあったんだけれど、その自認はだいたい違うよ、と言っておきたいです。

 

 

www.akaruisenkyo.or.jp

 

第46回衆議院選挙 安倍圧勝の時。

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2013/06/070seihon1.pdf

41P 全世代にわたり、投票は自民党

56P 全世代にわたり、最優先課題は景気対策

 

第23回参議院選

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2011/07/23sanin1111.pdf

42P 全世代にわたり、投票は自民党

58P 60代以上を除き、最優先課題は景気対策

 

第47回衆議院選挙

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2011/10/47syuishikicyosa-1.pdf

45P 全世代にわたり、投票は自民党

59P 60代以上を除き、最優先課題は景気対策

 

第24回参議院選

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2011/07/24san-643.pdf

45P 全世代にわたり、投票は自民党

58P 60代以上を除き、最優先課題は景気対策

 

第48回衆議院選挙

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/48syuishikicyosa-1.pdf

44P 全世代にわたり、投票は自民党

60P 40代以下の世代、最優先課題は景気対策

 

第25回参議院選

http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2011/07/24san-643.pdf

47P 全世代にわたり、投票は自民党

59P 20代以下景気対策 30~40代子育て 50~60代年金 70代医療・介護

 

 

ざっと抽出した感じ。

子育て云々ってホントに直近の直近、100万人割れで騒然としてから一部でちょろりん、と喚き始めてるだけなんだよね。

それ以前はほぼ全有権者一貫して景気対策

そして景気はやっぱり自民党。圧倒的な信頼感。

 

この実績を見て「高齢者ガー」はなんか違うと思いますわ。

いわゆる子育て世代ってのも、最優先課題は「景気」だと思ってて、子育てはギリギリ二番目に顔を出すか、出さないか。

自分たちだってたいして問題だと思ってねぇええ!

 

なので、政府をはじめ世間というのが子育てに冷淡なのは自分たちの投票行動のオチだと思えばいいんじゃないかな、って感じた次第。

何をやっても信任され続ければそりゃ政府与党も軌道修正なんぞしねえよな、って。

目先の景気、5分先の自分の生活のためだけに他のすべてを捨てて、「そんなことより○○ガー(だいたい経済が入る)」話法で突っ走ってきた結末がコレです。

キッチリガッツリ受け止めましょうよ、大人なら。選挙でいろいろ変えられる建前になってる民主主義国家の動物なら。

 

俺は決裁済み公文書を改竄する中央省庁の振る舞いがあってなお、景気・経済と引き換えに現政権が信任され続けたあたりで「コイツラもうほんとどうしようもねえな」って思いましたけど、それもまた市民国民の判断ですから、しぶしぶ従うことにはしてますので、思ったよりもずっと早く訪れた綻びを濁った眼で眺めることにします。

 

しかしなぁ。

そんなことより景気が大事なんだ! ってあれだけ派手に息巻いてた人たちが、捨て去ったはずの「そんなこと」のあれやこれやで火がついて右往左往してるのはなんというか、滑稽を通り越して烏骨鶏ですよ。

鶏頭でもここまで想像力乏しくないだろう? っていうね。

 

もっとこう・・・捨てた以上はあれこれ覚悟したうえでの大言だったと思ってましてよ?