afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリ

くもりなき眼が欲しい

降るような、降らないような雰囲気。
昼間の太陽で焼けたアスファルトが雨で冷める時のにおいは好き。
何だかくせになる。
ただ降り方が中途半端だと、夜でもすぐに乾いて蒸し暑さが増すので中途半端に降るのは勘弁。

 

 

ウヨるのは誇りが無いから

誇りというより、周りへの愛着の実感とかがないんじゃないかなって思う。大きな理念に傾きがちな人は、右も左も間近の他人を見失いがちな傾向があると思います。誇りはないわけじゃないと思いますよ。

2017/07/24 09:49

 

このエントリ読んで思ったんだけど、そもそも右翼でも左翼でも宗教でも原理主義でも、おっきな概念に絡めとられるのって、身近なところに二項対立するロールモデルがなかった子供たちが多いんじゃないかしら?
現在の潮流としてネット右翼オルト・ライト? といった傾向が強いっていうのはひとまずお措いといて、極論への傾倒には一定のパターンがあると思うんです。
んで、近しかった人や知己のある人たちのことを思い返せば、どんなおっきな概念でもいいけど、嵌まり込むときにまず現状への不満からスタートしてて、その現状から逃避する手段・現状を否定する手段として思想やら信仰やらに入っていってる印象があります。
現在、右翼がより選好されてるのには誇りの有無はあんまり関係ないような気がする。
端的に言うと、だいたい極論に走るのって、子供にとって親、ってか身近な大人が弱すぎるか、強すぎるか・・・なんですよね。

・親が弱すぎて、そのふがいなさに腹が立つ → 反対概念のほうに傾く
・親が強すぎて、不満を漏らすことすら困難である → 反対概念のほうに傾く

大雑把にこのパターンだったな、というのを記憶しています。

 

・親が弱すぎて、そのふがいなさに腹が立つ → 反対概念のほうに傾く
この場合、子供を抑えつけてる親の対抗勢力として、子供でも捉えやすいハッキリとした敵が居ればそれに依存することも出来ると思うんですが、親が弱すぎると全方位に負けすぎてて、いったいどれが敵だか、子供にはわからなくなってるような感じ。
そこでひとまず勝ち馬っぽい一番おっきい概念に張る、というイメージです。
最初から一番の勝ち馬に賭けるというのではなくて、ひとまず親を叩きつつ同時に自分を引っ張り上げてくれそうな概念に乗っかるのを繰り返してるうちに一番強いのにたどり着くような。
親が現実において弱すぎるにも拘らず、方針をまったく変更しないまま一つの思想傾向に凝り固まってると
「親父バカじゃないの? もっと上手いことやってる奴居るじゃん!!!」 って子供は逆に流れちゃうの。
現世利益を現実に与えてくれない思想なり信条なりを持って生きてる親と心中するのはごめんだ、ってのはあるけど、じゃあ具体的にどういう思想信条が現世利益をもたらすのか、周りにハッキリと具現化している人がいるか、というとそうでもない。
強すぎても弱すぎてもそうだけど、親の社会が狭いと子供の視野に入ってくる大人のパターンも広がりに欠けるので、具体的に「こういう大人になればいいんだ」と思えるロールモデルが見出せない。
だから一足飛びに親とは反対概念 かつ 現世利益を約束してくれそうな概念 に傾倒してしまうんじゃないかなって。

 

一方で

 

・親が強すぎて、不満を漏らすことすら困難である → 反対概念のほうに傾く
の場合は、親があまりにも子供に対して抑圧的で、反抗できない専制君主のように子供の挙動を全てにわたって支配してる・・・ぐらいの勢いのご家族に多かったイメージ。
親があまりにも無謬の全能神として振舞いすぎてて、中途半端なリアル大人だとロールモデルとして捉えられないっぽい。
中途半端っていってもごく平凡な、ときどき間違いも犯すけど、善良な普通の大人なんだけど、無謬の親を持ってる子供から見れば頼りにならない。
ときどき子供は数少ない周りの大人を見て、「こういう大人いいな」って思ったりもするけど、親と違って無謬ではないわけだから、親にとってはぶっ叩いてOKの人。
「そんな者に憧れたり目指したり尊敬したりするお前は欠陥品である」って子供全否定もOK。
こういうご家庭でそのままおっきくなることもできるみたいですが、まあ子供も人格はあるので・・・
無謬なる親に対抗するには無謬なる概念に帰依するのが一番なりよ! ってある日開眼したりする。
そうなると、子供にとっては全能神として振舞ってきた親もしょせん生身の人間、無謬の概念や思想から見れば普段の振る舞いに粗があちこち見受けられるようになる。
「なんだ、俺を抑えつけてた割にはこいつも所詮、たいしたことのない者ではないか」って看破した子供は、今まで抑圧してた親を打倒するのに大きな威力を発揮した概念にさらに深く帰依するようになる・・・みたいな感じ。


極端な方向へ流れていく根っこって、どっちも似たようなもんだなぁって思います。
どうも上手く言えないんだけど、生身の感触が乏しい。
いま自分を抑えつけている者や周囲が
強くもあり、弱くもあり、賢くもあり、バカでもあり、正しくもあり、邪でもある。っていう、圧倒的とは程遠いモノだって感覚が薄いから
それを打倒するために、克服するために得なければならない力は程々でもかまわないんだよ、ってのを感じられないんじゃないか。

生身の感触があれば、力が逆転した時にあんまり派手に痛めつけても可哀想だし・・・ってうすうす感づくと思うの。

子供のころは親をはじめ大人って圧倒的で万能ですごい感しかない人たちだったけど、長じるにつれて
「そこまで凄くないぞ?」と思いつつ「侮るのも違うよな」という距離感が出てくるもんではないかな・・・と。

 

そういう経験に恵まれずに・・・抑えつけてくるもの(親や周囲や現実)を「全否定も全肯定も出来ないよく分からない者」と見定めることが出来ずに

完全に侮っていいもの とか 潰さなくちゃいけない巨悪 っていう風に認識しちゃうから、それらと対峙する時に何らかの思想との一体感を獲得する必要になるんじゃないか・・・?

んで、たまたま今の流行がネット右翼オルト・ライトなんでは・・・?
てのが今のところの結論でしょうか。

学生運動時代にネッツがあったらどんな感じの勢いだったのかしら、ってちょっと興味があります。今のネット右翼的な熱狂があの頃ネットがあったら・・・なのかな?

 

エントリが指摘してるところに戻ると「誇りの有無」が、おっきな概念への傾倒性を左右してるとは思えないのです。
自分を抑えつけてるものへの反抗としてネット右翼も左翼も信仰も表出してるように見える。
現在はネット右翼が特に強く見えるけれども、それは抑えつけてるものの多数派が偶々レフティーな感じなのが多かったからではないかしら? と。
抑えつけるものへの直接の抵抗ではなく、両極とも一気に「おっきなもの」を敵に回すものだから、やたらと厄介に見えるんではないかしら、と。
おっきなものを敵に回すものだから、個別具体的なそれぞれの事情は捨て置いて団結できるではないか?
(思想にのめりこんでる人に共通して感じる、「浮世離れしてる感」の根源はこのあたりかも)
中でも、ネット右翼などが強烈に一体的な思想を持っているように見えるのは、歴史が浅い分、思想の細分化がまだ進んでいないからでは? と妄想。
一方で左翼がやや弱めに見えるのは、昔は学生運動の内部紛争もあったし? 思想の分化が進んでる分、可視化できる組織の大きさが小さいのでは? と。

あとそもそもネット右翼やそれに類するものの本当の規模って捉えきれてるのか、過剰に評価している面もあるんじゃないのか、とか。

※この辺は連想がとめどなく溢れて頭がゴチャゴチャするし、まとめ切れないのでただの思い込みです。

 

ん・・・けど現状を肯定できないところに誇りなど持ちようもないか。誇りの有無が極論への傾斜を左右するというのはありえなくもないか?
ここまで書いてて自信がなくなってきた。
しかし、現状ネット右翼という極論への傾斜が強いのは誇りの有無で説明できるものではない気がする。
もっと即物的な、肯定できない現状を破壊するために手っ取り早く勝ち馬に乗っただけ、っていう方がより実感には近い気がする。
あくまでごくごく狭い自分の世間から判断するかぎり、だけどね。その尻の軽さを「誇りがない」というのなら、そうかもしれないけど・・・自分で書いてて何だかもやもやしてきた。

やはり慣れないことはするべきではない。しかしいい加減まとめておかないとそれはそれで心の隅に引っかかるし、いい機会だから書いて吐き出しておく。

 

 

ま、どうせいずれこの認識も変わるだろうけど、とりあえず現時点では
両極とももうちょっと自分の周りや、地歩を固めてみると違う世界が見えてくるかもしれないぞ、って思いました。

 


・・・できればポリティックであるよりもポエティックでありたいと思っているのだが、こういうネタの方が筆が滑りまくるのは無意識下で自分もいろいろムキムキしてんのかなって思う。もっと心にゆとりを持とう。ベクトルを自分に向けよう。

お肉食べたい。