afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリ

空調がもたらす平穏。

休日はなるべく出歩かないことにしている。

酷暑酷寒の季節は特にそうだ。

しかしこの夏は冷房がいかれていたのでしばらく涼みに外出していた。

安上がりに済ますために冷房の効いたモールとかをぶらぶら。

今ならイケアに集まる中国人の気持ちが分かる。涼しいよね。

民度低いと思うけど、そんなことどうでもよくなるくらい気持ちいいんだからしょうがないじゃん、て。

それでも出かけると何か買うわけで、後からどうでもいいものを買ったなぁと後悔する事も多々ある。

お前は本当に成長しないね。

 

そんな生活ともようやくおさらばして、空調が機能する休日を久々に過ごしている。

すばらしいね。

スイッチ一つで快適すぎる。

人類はこれぜったい温暖化克服できませんよ。

少なくとも吾は無理。

温暖化阻止のためにちょっと設定温度上げようね活動とか、快適さに比べたらどうってことないですよ。

というか冷房は麻薬です。こんなものを人に覚えさせたおまえらが悪い!

・・・責任転嫁も甚だしいと思いますがほんとに久しぶりの冷房は気持ちがいい。自分勝手に温度弄れる空調は至福。

いちおうガツンと冷やしてから推奨設定温度とかの27℃とかにはするんだけど、ちょっと暑いなって思ったらまたガンガン下げちゃう。

上げ下げの頻度が激しいのと、ずっと低めの設定温度なのと、どっちが地球にダメージなんだろう?

電気料金は細かく設定温度いじりすぎるほうがNGみたいなことは聞いた覚えがあるのですが・・・。

 

それはさておき。

7月のこの時期で既に出歩くのがかったるくなってる現状で、東京2020やる頃には東京34℃越えるかも、って学者さんの予想も上がってきたそうで。

・・・やっぱ夏は止めといたほうがいいんじゃないですかね? 動員が鈍るだけじゃ済まないと思いますよ。下手をすると死人が出るんじゃないのかしら。

商売的に夏でないとおいしくないというのも分からないでもないですが、それでも程々にしておいたほうがいいんではないでしょうか。

しかし1964が運動にちょうどいい季節を見込んで設定したのに比べると、アスリートファーストといいつつ、思えば遠くへ来たもんだなぁ、と感じます。

 

クーベルタンの望んだ世界かこれは?

等と空調の効いた部屋でちょっと毒を吐いてみる。

 

吾は心に棚を作るのが得意です。