afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

ヨゴレっちまつたかなしみに。

素直だったあの頃。 

 

はてながずっと続きますように

この増田はキレイ過ぎる、来る場所を間違っている、最初にそう思ってしまう程度には汚れてしまった。/たとえ漏らしても心は清らかでありたいですね。

2018/10/09 17:40

 

真面目に(つっても週一ペースくらい)でブログを書くようになってからもう1年半くらい経ったんだよな。

ブログ始めたのとだいたい同じくらいか、やや遅れてはてブ使い始めた記憶。

始めた頃は趣旨に沿った使い方をしていたのだ。

後で読む、というタグだけはデフォルト設定で目立つように表示されてるじゃないですか。

気になった記事見つけるとペタペタ貼り付けてた。

そのあと読み返した記事はあんまりないっていうね。

吾ながら忘れっぽいもんである。

 

その後しばらくしてブコメつけるようになった。

見返すと非常に穏当である。

慣れだした頃になると言葉が荒れ始める。

そっからまた数カ月すると、(本人の中では)ブコメがマイルドになる。

文が100字とみじかい分、自分の心理状態がいっぱいそのまま反映されてて読み返すのは恥ずかしくなるね。さいきん? さいきんは落ち着いてるほうだと自認しています。

 

ブログも割とそうなんだけども。

以前はもうちょっとしっかり推敲して書いてたんじゃないかな…って雰囲気が見える。

何といっても意外と長い。

こんなにちゃんとブログになってたんだ、と今となっては驚くばかりでございます。

その後だんだん慣れが出てきて「適当に書いてんな」って自分で分かるような記事もしばしば見かけるようになって、吾の弱点の一つ

「飽きっぽい」「慣れるとすぐ手を抜く」

が露見しているようで、これもまた読み返すとちょっと恥ずかしい。

てか弱点一つじゃなかったですね、二つでした。

・・・そうはいっても、これでもちゃんと続いてる方なんですよ、吾の中では。

一年続いてた時も意外だったけど。

 

 

 

何の話してたんだっけ。

キレイな増田の話してたんでしたね。

そうなんですよ。

何がっていうと、「ありがとうはてな」みたいな増田の感想、たしかにあるんですよ。

ここんところ・・・というか、もう随分はてなdis(主にブコメdis)やってたけど、こういうことが言いたいんじゃないんだよね。

いや言いたいから書いてるんだけど、もっとこうね、こういう欝々した事ばかり書くのではなくて

はてながあって良かった」

みたいなこともたまには思いださないtoner、と。そう思ったわけです。

 

いろいろ気に入ったブクマカのブコメとかから興味が広がったってのは沢山あるし。

たくさん面白いブログや、読んで損する楽しいブログ*1

も開拓できたし。

こういうポジティブなことが数多くあったからこそ飽きっぽい吾がまだダラダラとはてなでブログ続けてるわけですよ。

このブログ面白い、とかこのネタ面白い、とか

そういうのに出会えなかったらこのブログ、とっくに終わってる。

もともと吐き出すような中身もないしね。

 

そう考えると、いろいろDISったけど、はてなの色んなサービスのおかげで享受してる利益もいっぱいあるよなと思う。

 

腐すこともけっこうあるけど、やっぱり、増田も言ってるとおり、ずっと続いてほしいなと思います、はてな

だからたまには「ありがとう」言わないとね。