afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

継続60日

続けてみて分かることがある。

そう思って今日までがんばってみた。

結論から言うと、続けていくうちに慣れる、アレは嘘だと思った。

 

3日続けば一週間、一週間続けば1ヶ月、一ヶ月続けば三ヶ月~

みたいなアレね。

 

あの話は、そういう風に倍々ゲームで続けていくのが楽チンになりますよ、みたいなニュアンスだけどもやってみて分かりました。

 

嘘です。

 

波ありまくり。三日続いても次の日にはやめよっかな、って普通に思う。

今回も59日目? 一昨日はやばかった。

「別にたいしたこと書いてないんだしやんなくてもいいじゃん」という思いがじわじわと嵩を増していく感じ。ムリヤリ書いたけど、これハードルがもうちょっと高かったら明らかに途中でやめてた。

 

しかしまあここまで続けられたのだから、それはそれで嬉しい。

けど続けていくうちに習慣化して、自然に続けられるようになりますよ、というのは実感として嘘です。騙されないように皆さんも気をつけてください。

あの話はおそらく、小刻みに目標やノルマを設定することで、持続する意欲を何とか引き伸ばしているのが実態じゃないだろうか。3日続いたら1週間後を次の目標に設定する、というのなら、モチベーション維持に効果的だと思う。

けれども「1週間続いたから1ヶ月は続く」となると、次の目標となるゴール(1ヶ月)があまりにも遠すぎる。

持続すべき間隔を倍々に伸ばしていくことで定着を図るということなのかもしれないが、1週間続いたとしても、次の目標をもう一週間、さらに一週間と重ねていって、振り返ってみたら1ヶ月続いてた~、みたいな感じで続けた方が性に合ってるな、と思いました。

1週間続いた、次の目標は1ヵ月継続。げぇっ、あと20日以上残ってる!!?

ってげんなりする気持ちの方が吾の場合は強い。それくらいなら

1週間続くことは分かったし、後一週間だけ頑張ってみよう・・・

くらいのゆるい設定の方が、持続する意欲は湧くな、と思った次第。

 

人によっては倍々に間隔を伸ばしていっても意欲が衰えないのかもしれないけど、吾は目の前を一歩、一歩の方がまだ気力が続くな、と思いました。

途中でハードルをあげなくて本当によかった。100日続くようだったら、ちょっとハードルを高くしてみようかと思います。