afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

検索窓を開いたあの時のように。

ブログ編集画面を開いたとたん頭が真っ白になる現象に名をつけたい。

 

検索しようと思ってgoogleとかに接続した途端何かを忘れるのって病気なんじゃないだろうか。思い出そうとしてもぜんぜん思いだせないの。ふつうの人でも一度や二度は経験はあるんじゃないだろうか。

 

俺の場合、それはそれは頻繁なのでもうある程度は慣れた。

忘れるくらいだからどうってことのない調べものだったんだろう、ってこともよくある。ほんとは忘れてはいけない調べものだったりすることも。

けど今週は酷い。慣れたにしても度が過ぎてる。自分で自分に狼狽えるレベル。

立て続けに調べものをしようとして「今俺は何を調べようとしていたのか」ってなった。自分で自分が何をしようとしているのか見失ってる。

見失ったあげく

ポンチャックマシーンは言うほどマシーンじゃねえよな」

とか脈絡のないことを打ち込んで検索してみるなどの暇つぶしをしている。

 

なんて非生産的な。

 

ある程度自分自身を見限ってはいたが、これは底を抜いてる気がする。

いや、こういうことは今までもあったんだ。あったけど残してなかったから、気にしてなかっただけなんだ。

別に残すような動機もないから、それでよかった。

それでは成長もないけど、成長しなければという強い動機に突き動かされてるわけでもないのでそれでよかった。

けどこうやって「毎日ブログを書くぞ」と始めると、どうにかして何かを書かなきゃいけないという焦りに追われて、すごくどうでもいいことを膨らまして書いちゃえ、という気持ちになるわけです。

 

で今実践してるんだけど、あらためて思うんですよ。

 

検索しようとして「あれいま何しようとしてたんだっけ」ってなる虚無の時間。

書きながら振り返ってみると、積み重ねれば山のような時間であることを思い知るのです。

頻度から言うと1日1回はこの虚無に囚われてる気がする。

そしていったんは思いだせないから、と検索窓を閉じるけどアタマの隅に「いったい何をが探そうとしていたのか」ってのが引っかかってるので、次の作業に集中できない。

もともと大したポテンシャルもないのに、これで集中力が削られてさらに下がる。

それが日々繰り返されているわけである。

 

恐ろしいね。

我ながらこれでよくどうにかなってんな、と思う。

本人気づいてないだけでどうにもなってないのかもしれないけど。

 

今日のこのブログも、編集画面開く前にはボンヤリ何か書こうとしてた筈なんですよ、こんな益体もない文章じゃない主観的には生産的な奴を。

けど思いだせないまま10分ほどコロコロしてたらもうなんというか気力が切れたので、このエントリでどうにか隙間を埋めることといたします。

 

ブログやってると自分の弱点しか見えてこないな。どうなってんだ。