afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

備忘録。

目覚めよ!

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

www.sankei.com

 

 

まあ。

なんと言いますか。

新型コロナ(COVID‐19)の騒動じたいは微塵も状況が変わったわけではない、むしろ悪化してるんじゃないですか、という状況下で、言うことがよくもまあころころころころ変わるもんですね、と。

まあこの辺は世の中の空気もいいかげんなんだけど。

 

自分たちに塁が及んできたら、ぱちんこ吊るしてた連中もあっさりこんな感じ。

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

ほんとホモサピってクソな。

他人のやることにはモラルだなんだと喚いてぶっ叩いておきながら、自分のやることについて同じ理屈で詰められたら「しょうがないじゃん」と居直り。

とんでもないダブスタ野郎だよ。

 

 

たいがいの人は産経と同じく、ぱちんこが騒がれた春先はぶっ叩いておいて、自分たちの身近な飲食まで吊し上げられるようになってようやく「非道だ」と喚き始めてるんだろうな。

俺だったら共感性羞恥で死ぬ(共感する能力あんまないけど)。

 

そもそも想像力がないんだからさ。

産経のように、吊し上げに加担したその時から一年も経ってないのに掌返しできるブサイクなメンタルの強さを持ち合わせないかぎり、その時その時の正義に乗ってデカい口叩くのはやめといたほうがいいと思います。

 

 

些末な違いを取り上げて「あの頃とは状況が違う」って喚く連中もいるだろうが、正義を嵩に着てデカい棍棒振り回してる行為そのものはまるっきり同じなんで。

せめて「俺は俺が大事なんだからお前を殺す」くらいの正直さで生きていこうよ。

 

なんというか。

ひとごろしがひとごろしのツラをしていない、というのが本当にしんどい。

俺にはこれはとても醜悪で恥知らずな姿に見えます。

 

前回ぱちんこを吊し上げる「正義の側」にいた奴が、今回飲食を擁護する「正義の側」にいる。

恣意的に「まもるもの/まもらないもの」の選別を行っているにもかかわらず、そのことを自覚せずに済むことがどんだけ毒であるか。

「俺はひとごろしなんかじゃない」って逃げ込める理屈があるからこそ、群れは暴走するのにね。暴走したくなかったら、自分が自分の利益を追及して人を踏みつけにしている、その自覚から逃げるのはやめたほうがいい。

後ろめたさがブレーキになることもあったりなかったりするから。

 

これからも正義を嵩に来たターゲッティングと吊し上げが鬱々と続くんだろうな、と思うとげんなりしますよ。

やはりホモサピは滅ぶべきなんじゃないでしょうか?

皆さんはどうお考えでしょうか。