afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

アデライトの花。

 

アデライトの花(1) (Nemuki+コミックス)

アデライトの花(1) (Nemuki+コミックス)

  • 作者:TONO
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: Kindle
 

 

タイトルひねる余裕もない。

ヤベえよこれ。

 

以前読んだエントリで気になってた。

osaan.hatenadiary.jp

 

記事にもあるとおり、本筋の話じゃないんだけどね。

追記で書かれてる

パンデミックもの」

「コロナって登場人物がいる」

ってのがちょびっと引っかかってて、連休中読んでみた。

 

あんま期待してなかったけどさ・・・こっわ。

主人公ちょっと不気味すぎんよ。

絵はかわいいよ、それはかわいいです。

かっこいいとカワイイで言ったら明らかにカワイイ側の絵柄ですよ。

けどエグすぎる。

1巻はそんなでもないかなー、って思ってたけど2巻くそヤバ。

この絵柄だからこそのギャップのえぐみと、1巻からこのキャラが積んできた行いがつながって

「こいつホンモノじゃん・・・」

っていうね。

 

もっとこう、なんていうのかな?

こういう風に描いてるけど、実は・・・みたいなそういうのに行くのかなって思ってたんだよ、なんとなく。

そんなことなかったね。

これはお近づきに絶対になりたくないやつ。

この辺の演出はめちゃくちゃ上手いなぁって思いました。

絵はかわいくてもそれは動物的な可愛さで、地の文の描写では主人公の見た目かなりこき下ろしてるんですよね。

読んでるうちにその「こき下ろされてる人間の顔形をした主人公」がもやもや想像できて、そいつが頭の中で動く感じ。めちゃくちゃキモい。

たいへん失礼な言い方だけど、めっちゃくちゃキモい。

以降、描かれてる犬の絵が全部「残念なルックスの主人公」に見えてしまってとにかくキッツい。

これ勝手にそういう風に俺が読んでるだけなのか、読んでるうちにそうなるように仕掛けられてるのか。

・・・たぶん仕掛けられてるほうだと思うんだが。

 

他にもいろいろと面白げな話の線はあるけど、主人公の底知れないかんじがキツい。

弄ってた周り・・・これから一体どうなっちゃうの。

パンデミックより怖えよ。

 

面白いけど具合が悪くなるマンガでした。

続きも気になるけど、ちょっと気合い入れないと読めなさそう。

まあそんなことより俺の場合、続きが出るまで覚えてるかどうか? のほうが問題なんですけどね。

隔月刊というのもあるけど、1年一冊出ればいいね、というペースで進んでるので。

これは自分用しおりということで。

 

耐性ある人ならお奨め。です!

 

 

 


「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」ゲーム内楽曲『クルリウタ』MV

※俺の中できもくてグロいので限度に近いのこれかも。茜ちゃん島流しにされてよかったのかな・・・?

アイマスのCDドラマって死亡率高いよね