afurikamaimaiのブログ

テキスト打ちのリハビリのはずだったが、今は路頭に迷ってる

雑感。

思いついたんでメモしておこ。

www.gizmodo.jp

 

大変やね。

いっぽうでこちらのブログ記事を読んでちょっと考える。

ohumigarasu.hatenablog.com

 

俺は…信頼できる人間だぜ!! って分かりやすくアッピルするためにはこういう目に見える「枷」が必要だったけど、信用情報で仕分けできるようになるとその辺弛みそうだな、と。

目には見えないけど、スマホをお互いにかざして信用情報を遣り取りして確認できれば腰ミノとチンピラスーツの間にも穏やかな交流が図られる世界。

 

むむん?

これってけっこう人間ちゃんの望んでる世界じゃないです?

自分を規定する「枷」が分かりやすく体を縛り付けてる色んな装飾ではなく、見えない電子データって奴に切り替わるんだから。

刺青首輪靴でなくても、電子データでも

「こいつは部族の通過儀礼きちんとクリアした、苦痛に耐える人間ですよ」

ってのは証明できるでしょう?

なら、「電子データはとってもきれい」ってだけで社会の成員として認める社会もアリではないか。

腰ミノ(電子データはとってもきれい)とか

チンピラスウェット(電子データはとってもきれい)とか

前もって排除されたりしないの。電子データがヨゴレじゃないから。

これ、けっこう美しくないです?

 

てか、信用情報がダメな人士は移動の自由すら剥奪できるんだから、どれほどパリッとした格好してても、電子データがヨゴレなら、ある文化圏・部族間の交流の舞台にすら立てないわけで、見た目で判断する世界よりも優しみ溢れる世界かもしれない。

 

部族で流通する「マトモ」な恰好をしていない、だけで白眼視される世界と

誰も彼も外見で「マトモ」を評価する規準が消え失せて(最低線だけ残って)好き放題に往来できる世界。※ただし、見えないところで規範はガッツリ生きててむしろ強化されてる世界。

 

どっちがお望みなんだろうな?

 

外見で判断されない社会ってのは素晴らしいのかもしれんけど、それは判断基準をそれとは別のところに移し替えただけで、かえって窮屈になるのかも、と思った。

けど、人は見かけによらない、といいつつ、行動は外見による判断に縛られまくってるダブルスタンダードが横行する社会と比べたら、中共のなんでも信用情報に取り込んでそれで判断、って先進的ろくでもなさもどっこいどっこいなのかなぁ、と迷う。

 

最悪なのは外見で人を判断する部族的基準は堅持しつつ、電子データでも格付けされる枷の強化の方向だけども。人類ちゃんはどっちに向かうんでしょうね?

 

 

正直不動産 (4) (ビッグコミックス)

正直不動産 (4) (ビッグコミックス)

 

 「似合わないスーツを着た人たちとは仕事をしたくない」嗅覚も過去のモノになるのか?